究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

2007年

クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】サラザン(クリストファー・シェルドレイク)

パレ・ロワイヤル本店限定の香りとして2007年に発売された「サラザン」。その名の意味は、「サラセン人」です。この香りは、中世フランスの脅威であったサラセン人への怖れをボトルに封印したものです。クリストファー・シェルドレイクにより調香されました。
2020.04.17
クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】ルウーブ(牝狼)(クリストファー・シェルドレイク)

プレミアムコレクション「グラットシエル コレクション」のひとつ。白い城のように見える雪に覆われた山の頂に立つ孤高の牝狼をイメージして生み出されたチェリーアーモンドの香りです。この香りは、クリストファー・シェルドレイクにより調香されました。
2021.06.15
その他

【ラルチザン】ロード ジャタマンシィ(カリーヌ・バンション)

2007年にラルチザンより発売された、ラルチザン史上初めて100%天然香料でのみ作られたフレグランスです。フレッシュなグリーンとスパイシーなハーバルからはじまるウッディ・アロマティック・フローラルの香りは、カリーヌ・バンションにより調香されました。
2020.10.28
その他

【キャロライナ ヘレラ】CH(オリヴィエ・クレスプ/ロセンド・マチュー)

上流階級に生まれ、幼少期から世界中を渡り歩いてきたキャロライナ・ヘレラの華やかさを称える香り。それは、ロンドン、ニューヨーク、ロサンゼルスなどでの忘れられない思い出を詰め込んだ香りです。オリヴィエ・クレスプとロセンド・マチューにより調香されました。
2021.08.01
その他

【ヴィヴィアン ウエストウッド】レット イット ロック(マリー・サラマーニュ)

ヴィヴィアン・ウエストウッドが1971年にはじめてオープンした伝説的なセレクトショップ「レット イット ロック」の名をそのままつけた、パンクロックの感覚を香りとして体現しようとしたオリエンタル・ウッディの香りは、マリー・サラマーニュにより調香されました。
2021.10.08
その他

【エミリオ プッチ】ヴィヴァラ(フランソワ・ドゥマシー/ナタリー・グラシア・セットー)

2007年に、ブランド創立60周年を記念して、復刻された香水「ヴィヴァラ」は、香り自体は当時のものとは全く違う香りのシプレ・フローラルであり、フランソワ・ドゥマシーとナタリー・グラシア・セットーによって調香されました。
2021.10.13
その他

【ディーゼル】フュエル フォー ライフ メン(ジャック・キャヴァリエ/アニック・メナード)

2006年にディーゼルは、フレグランスを作るにあたり、ロレアルと提携しました。そして、生まれたのが、この香りと女性用「フューエル・フォー・ライフ」でした。そして、共に大ヒットしました。アロマティック・フゼアの香りは、ジャック・キャヴァリエとアニック・メナードによって調香されました。
2021.02.23
アクア・ディ・パルマ

【アクア ディ パルマ】コロニア インテンサ(アルベルト・モリヤス/フランソワ・ドゥマシー)

1916年に、のちにイタリアのメンズ・エレガンスを体現するコロンとなる「コロニア」を創造したアクア・ディ・パルマが、2007年にアルベルト・モリヤスとフランソワ・ドゥマシーを迎えて発売したオーデコロン。
2021.10.06
その他

【キャシャレル】リベルテ(オリヴィエ・ポルジュ/ドミティーユ・ベルティエ)

2007年から2008年のほんの一瞬、キャシャレルのアーティスティック・ディレクターをイーリー・キシモトがつとめていた時代に発表された、シトラス・フローラルの香りです。オリヴィエ・ポルジュとドミティーユ・ベルティエによる調香です。
2020.08.28
アン・フリッポ

【ラルチザン】イリス パリーダ(アン・フリッポ)

ラルチザンが打ち出していたウルトラ・リミテッド・フレグランス・シリーズ(ハーベスト・シリーズ)の第三弾「イリス・パリーダ」。特別に豊作(グランクリュ)だったイタリア・トスカーナのアイリスを花から根茎までまるまる使用しています。アン・フリッポによって調香されました。
2020.04.27
アン・フリッポ

【ラルチザン】フルール ド ランジェ(アン・フリッポ)

ラルチザンが打ち出していたウルトラ・リミテッド・フレグランス・シリーズ(ハーベスト・シリーズ)の第一弾「フルール・ド・ランジェ」。2005年と2007年、そして、2011年に限定発売された「幻の名香」です。アン・フリッポによる調香です。
2020.04.27
エルメス

【エルメス】ケリー カレーシュ(ジャン=クロード・エレナ)

エルメスの初代専属調香師ジャン=クロード・エレナがエルメスのレザー保管倉庫にはじめて訪れた時に感じた強烈な記憶を元に解釈した香りです。それは、エルメスのレザーに包まれたフルーツとフローラルの香りであり、そのアイデアから完成まで8ヵ月も費やされた作品です。
2021.10.12
エルメス

【エルメス】ブラン ドゥ レグリス(ジャン=クロード・エレナ)

2004年からスタートした、≪嗅覚の詩≫とも言える究極のエルメスのフレグランス・コレクション『エルメッセンス』の七作目として発表されたのが、エルメスの初代専属調香師ジャン=クロード・エレナによる「ブラン ドゥ レグリス」です。
2021.10.12
クリスチャン・ディオール

【ディオール】ジャドール アブソリュ(フランソワ・ドゥマシー)

ディオール創立60周年、ジョン・ガリアーノ就任10周年を記念して作られた≪完全無欠の≫ジャドール。ジャドールの中のジャドール。ジャドールを更に華やかにした香りは、ディオールの専属調香師フランソワ・ドゥマシーによる調香です。
2021.06.29
クリスチャン・ディオール

【ディオール】ファーレンハイト32(フランソワ・ドゥマシー/ルイーズ・ターナー)

2007年、ジャン=ポール・ゴルチエの「フルール ド マル」によってフローラル・メンズの幕は切って落とされました。そこで、ディオールも遅れじと、ファーレンハイトのフローラルを強調した香りとして本作を発表しました。フランソワ・ドゥマシーとルイーズ・ターナーによる調香です。
2020.04.30
イヴ・サンローラン

【イヴ サンローラン】エル(ジャック・キャヴァリエ/オリヴィエ・クレスプ)

その名も「彼女」という名のこの香りは、女性の持つ魅力を全て覚醒させるイメージで生み出された確信犯的美女の香りなのです。フローラルウッディの香りはジャック・キャヴァリエとオリヴィエ・クレスプによって調香されました。
2021.09.27
オリヴィエ・クレスプ

【ディオール】ミッドナイト プワゾン(ジャック・キャヴァリエ/オリヴィエ・クレスプ)

「プワゾン」シリーズの第五弾です。当時のクリエイティブ・デザイナーであるジョン・ガリアーノが構想を練り、〝シンデレラ〟をディオール流に解釈しました。ジャック・キャヴァリエとオリヴィエ・クレスプ、フランソワ・ドゥマシーがコラボして生み出された香り。
2020.12.08
タイトルとURLをコピーしました