究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

2006年

その他

【エタ リーブル ド オランジェ】ジャスマン エ シガレット らしさからの解放(アントワーヌ・メゾンデュ)

2006年に創業したエタ リーブル ド オランジェが、同年に2番目の香りとして発表したのが「ジャスマン エ シガレット(ジャスミンとシガレット)」です。以後、同ブランドの作品を多く調香することになるジボダンのアントワーヌ・メゾンデュにより調香されました。
2022.02.21
ザ・ディファレント・カンパニー

【ザ ディファレント カンパニー】パルファン ド ソンス&ボア(セリーヌ・エレナ)

ジャン=クロード・エレナの娘セリーヌ・エレナにより2006年に生み出された、ザ・ディファレント・カンパニーの「パルファン ド ソンス&ボア」は、ある有名なクラシック音楽をテーマに生み出された香りです。
2022.01.24
ザ・ディファレント・カンパニー

【ザ ディファレント カンパニー】パルファン ド シャルム&フォイユ(セリーヌ・エレナ)

ジャン=クロード・エレナの娘セリーヌ・エレナにより2006年に生み出された、ザ・ディファレント・カンパニーの「パルファン ド シャルム&フォイユ」は、魔法使いや妖精が、魔法の植物や野生のハーブを育てている庭をイメージして作られたという別名「魔法使いの庭」とでも呼ぶべき不思議な香りです。
2021.12.04
ザ・ディファレント・カンパニー

【ザ ディファレント カンパニー】セル ド ベティベル(セリーヌ・エレナ)

燃え盛る木と洗い清めてくれる海水という相反するものを融合した香りとしてジャン=クロード・エレナの娘セリーヌ・エレナにより2006年に生み出された、ザ・ディファレント・カンパニーにおける二作目の香りが「セル ド ベティベル」です。
2022.05.26
クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】マンダリン マンダリン(クリストファー・シェルドレイク)

パレ・ロワイヤル本店限定の香りのひとつ「マンダリン マンダリン」は、その名のとおり、マンダリンオレンジを主役に据えた香りです。日本では温州蜜柑と呼ばれるこのオレンジの香りは、クリストファー・シェルドレイクにより調香されました。
2020.04.18
クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】シプレ ルージュ(クリストファー・シェルドレイク)

この香りは、香りではない!あなたのフレグランスに対する感性を推し量ろうとするセルジュ・ルタンスからの挑戦状なのだ!この香りを調香したクリストファー・シェルドレイクは、間違いなくこの香りを完成した後、咆哮を上げたことでしょう。
2022.01.07
クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】グリクレール(クリストファー・シェルドレイク)

2019年5月21日より発売された新ライン「コレクションポリテス」。それは、軽やかで、フレッシュな、透明感溢れるオード・パルファムのコレクションです。「グリクレール(淡いグレー)」は、2006年にクリストファー・シェルドレイクにより調香された香りです。
2022.06.14
ブランド

【ラルチザン】ゾンカ(ベルトラン・ドゥシュフール)

2006年にラルチザンの香りの旅シリーズ「エキゾチック ボヤージュ」(別名ドゥシュフール、俺の旅シリーズ)の第三弾として発売された「ゾンカ」は、ヒマラヤ山脈東部にあるブータン王国を香りにしたフレグランスです。ベルトラン・ドゥシュフールにより調香されました。
2022.07.25
ブランド

【ペンハリガン】リリー&スパイス(マティルデ・ビジャウイ)

100%まるごと百合の香りです。派手な女性が肌に纏うと、上品さがプラスされ、地味な女性が肌に纏うと、色香がプラスされる〝香りのフシギさ〟を体現する香りです。2006年にマティルデ・ビジャウイによって調香されました。残念ながら現在は廃盤です。
2022.01.29
その他

【ヴェルサーチェ】ヴェルサーチェ マン オーフレッシュ(オリヴィエ・クレスプ)

2003年に発売された「ヴェルサーチェ マン」をよりフレッシュかつアクアティックにしたものとして、2006年に発売されました。ウッディー・スパイシー・オリエンタルの香りは、オリヴィエ・クレスプにより調香されました。
2022.08.08
エスティ・ローダー

【エスティ ローダー】ビヨンド パラダイス ブルー(カリス・ベッカー)

2003年に発売された名香「ビヨンド パラダイス」のマリン・ヴァージョンとして2006年に発売されました。伝説的なフレグランス・クリエイティブ・ディレクターのキャリン・コーリーの指揮の下、カリス・ベッカーにより調香されました。
2021.10.13
オリヴィア・ジャコベッティ

【ラルチザン】マンダリン トゥ サンプルマン(オリヴィア・ジャコベッティ)

「マンダリン トゥ サンプルマン」は、フランス語で「マンダリンのすべて」という意味です。イタリア・カラブリア産のマンダリンを、異なる成熟段階で抽出し、3種類のエッセンスとして使用しています。オリヴィア・ジャコベッティにより調香されました。
2020.04.27
オリヴィア・ジャコベッティ

【ラルチザン】フー アブサン(オリヴィア・ジャコベッティ)

「フー アブサン」とは、フランス語で「狂乱のアブサン」という意味です。弾けるような爽やかさからウッディーでセンシュアルなぬくもりに包まれたこの香りは、オリヴィア・ジャコベッティにより調香されました。
2022.02.01
その他

【キャシャレル】ノア ペール(オリヴィエ・ポルジュ/ドミティーユ・ベルティエ)

キャシャレルの「ノア」シリーズの第三弾フレグランスとして2006年に発売されました。ボッティチェッリの『ヴィーナス誕生』をイメージしたフローラル・シトラス・スパイシーの香りは、オリヴィエ・ポルジュとドミティーユ・ベルティエによって調香されました。
2021.11.12
アン・フリッポ

【イヴ サンローラン】ロム(アン・フリッポ/ピエール・ワーグニー/ドミニク・ロピオン)

カリスマ性のある男性のオーラを演出することを標榜して生み出されたウッディ・フローラル・ムスクなこの香りは、アン・フリッポ、ピエール・ワーグニー、ドミニク・ロピオンにより調香されました。
2022.07.25
アン・フリッポ

【ラルチザン】フルール ド ナルシス(アン・フリッポ)

ラルチザンが打ち出していたウルトラ・リミテッド・フレグランス・シリーズ(ハーベスト・シリーズ)の第二弾「フルール・ド・ナルシス」=「水仙の花」。この頃は、ラルチザンの専属調香師のようなポジションにいたアン・フリッポによる調香です。
2021.12.04
エルメス

【エルメス】パプリカ ブラジル(ジャン=クロード・エレナ)

2004年からスタートした、究極のエルメスのフレグランス・コレクション『エルメッセンス』の六作目として発表されたのが、エルメスの初代専属調香師ジャン=クロード・エレナによる「パプリカ ブラジル」です。かなり特徴のあるグリーン・フローラルの香りです。
2022.06.02
その他

【イヴ ロシェ】ローズ アブソリュー(クリスティーヌ・ナジェル)

2006年に発売されたイヴ・ロシェの最高級フレグランス・ライン「シークレット・エッセンス・コレクション」の第二弾フレグランスです。ごく少量のシナモンの使い方ひとつで貞淑なるローズが、魔性のローズへと転生する瞬間をクリスティーヌ・ナジェルが調香しました。
2021.09.27
カルティエ

【カルティエ】デリス ドゥ カルティエ(クリスティーヌ・ナジェル)

「デリス」とは、フランス語で、“歓喜”を表す言葉です。甘い砂糖漬けのチェリーにスパイシーなピンク・ペッパーが絡み合いはじまる、透明感溢れるグルマン系の香りは、現エルメスの専属調香師であるクリスティーヌ・ナジェルにより調香されました。
2021.10.15
その他

【ニナ リッチ】ニナ(ジャック・キャヴァリエ/オリヴィエ・クレスプ)

決してよそ見をせずに、ある一点だけを見つめて生み出された香り。それがニナ・リッチの「ニナ」です。その一点とは、〝10代の特権=カワイイは正義〟を生きる少女たちに捧げられた香りです。フレッシュなフルーティ・フローラルの香りは、オリヴィエ・クレスプとジャック・キャヴァリエによって調香されました。
2021.05.16
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました