究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

2004年

その他

【オーモンド ジェーン】タイフ(ゲザ・ショーエン)

2000年に、リンダ・ピルキントンにより、ロンドンで創業されたニッチ・フレグランス・ブランドのオーモンド・ジェーンから、2004年に発売された香り「タイフ」は、中東のローズの産地の名を冠したエキゾチックローズの香りです。専属調香師であるゲザ・ショーエンにより調香されました。
その他

【モスキーノ】アイ ラブ ラブ(オリヴィエ・クレスプ)

「ポパイ」のオリーブを香りのイメージにした、モスキーノの「チープ&シック」シリーズより、2004年に発売された典型的なファッション・フレグランスです。フローラルフレッシュフルーティな香りは、オリヴィエ・クレスプにより調香されました。
アニック・メナード

【ランコム】ミラク ソー マジック!(アニック・メナード)

2000年にランコムから発売された〝奇跡の香り〟=「ミラク」。この香りは、10代後半の少女たちをターゲットにした「ティーンエイジャーのためのミラク」です。名づけて「ミラク ソー マジック!=魔法のミラク」は、2004年にアニック・メナードにより調香されました。
スポンサーリンク
その他

【ペンハリガン】ラバンデュラ(ジャン=ピエール・ベソワール)

夜中から朝を過ぎて昼間までのラベンダー畑をイメージした大自然のラベンダーの香りです。「ラバンデュラ」には、標高300mあたりのスパイクラベンダーが使用されており、この品種はカンファーが強いものとなります。2004年にジャン=ピエール・ベソワールにより調香されました。
クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】フルール ドゥ シトロニエ(クリストファー・シェルドレイク)

2019年5月21日より発売された新ライン「コレクションポリテス」。それは、軽やかで、フレッシュな、透明感溢れるオード・パルファムのコレクションです。そのうちのひとつ「フルール ドゥ シトロニエ」=「レモンの花」は、クリストファー・シェルドレイクにより調香されました。
クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】ダンブロン(クリストファー・シェルドレイク)

2018年3月21日に「ブラック&ベージュ コレクション」が「コレクション ノワール」に変更され、10種類もの名香が2017年末から一挙に廃盤になりました。この「ダンブロン(ホワイトスエード)」もそのうちの一つでした。クリストファー・シェルドレイクにより調香されました。
クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】シェンヌ(樫)(クリストファー・シェルドレイク)

2018年11月にセルジュ・ルタンスより発売された、限られた店舗でのみ販売されている新しいプレミアムコレクション「グラットシエル コレクション」のうちのひとつ。元々は2004年にクリストファー・シェルドレイクにより調香されたものです。
ブランド

【ラルチザン】タンブクトゥ(ベルトラン・ドゥシュフール)

2004年にラルチザンの香りの旅シリーズ「エキゾチック ボヤージュ(レ・ヴォヤージュ・エグゾティキ)」(別名ドゥシュフール、俺の旅シリーズ)の第二弾として、今では歴史的名香と呼ばれる「タンブクトゥ」は発売されました。ベルトラン・ドゥシュフールにより調香されました。
エスティ・ローダー

【エスティ ローダー】ビヨンド パラダイス メン(カリス・ベッカー)

2003年に発売された名香「ビヨンド パラダイス」のメンズ・ヴァージョンとして2004年に発売されました。伝説的なフレグランス・クリエイティブ・ディレクターのキャリン・コーリーの指揮の下、カリス・ベッカーにより調香されました。
オリヴィア・ジャコベッティ

【ラルチザン】プルミエ フィグエ エクストリーム(オリヴィア・ジャコベッティ)

1994年に、世界初のイチジクの香りがラルチザンより誕生しました。その名を「プルミエ フィグエ」(日本名は「青いイチジク」)と申します。この香りは、オリヴィア・ジャコベッティにより調香されました。そのエクストリーム・ヴァージョンとして発売されたのが本作です。
オリヴィア・ジャコベッティ

【ラルチザン】ジュール ド フェット(オリヴィア・ジャコベッティ)

「ジュール ド フェット」とは、フランス語で「祝福の日」という意味です。フランスにおいて出産、洗礼、婚礼などの慶事で配られるアーモンド砂糖菓子ドラジェをモチーフにしたオリエンタル・スパイシーの香りは、オリヴィア・ジャコベッティにより調香されました。
アニック・メナード

【ディオール】ボア ダルジャン(アニック・メナード/フランソワ・ドゥマシー)

ディオール・オムから生み出された最高級ラインのフレグランス「ディオール・ラ・コレクシオン・プリヴェ」は、当初エディ・スリマンがプロデュースし、3種類の香りが発売されました。「銀の木」という名の、このフレグランスは、アニック・メナードにより調香されました。
イッセイ・ミヤケ

【イッセイ ミヤケ】ロー ブルー ドゥイッセイ(ジャック・キャヴァリエ)

「ロードゥ イッセイ プールオム」から10年の時を経て生み出されたイッセイ・ミヤケのメンズ・フレグランス第二弾です。その名は「青い水」です。強烈に個性的なトップからはじまるウッディ・アロマティックの香りはジャック・キャヴァリエにより調香されました。
オリヴィエ・ポルジュ

【ディオール】ピュア プワゾン(カルロス・ベナイム/ドミニク・ロピオン/オリヴィエ・ポルジュ)

第四のプワゾン=「ピュア・プワゾン」。それは「純度100の毒薬」という名のフレグランスです。フローラル・オリエンタルの香りは、カルロス・ベナイムとドミニク・ロピオン、オリヴィエ・ポルジュによって、2年の歳月をかけ、調香されました。
アン・フリッポ

【ラルチザン】アナナスフィズ(アン・フリッポ)

「アナナス」とはパイナップルの意味です。それは、1493年にカリブ海の島でクリストファー・コロンブスが発見し、ヨーロッパーに持ち帰り、世界中に知られることになりました。フローラル・フルーティの香りは、アン・フリッポによって調香されました。
その他

【エマニュエル ウンガロ】アパラシオン(フランシス・クルジャン/フランソワーズ・ キャロン)

「幻影」という名のオリエンタル・フローラル・フルーティーな香りです。1979年にエルメスの「オー ドランジュ ヴェルト」を手がけたベテラン女性調香師フランソワーズ・ キャロンとフランシス・クルジャンによる競作です。
クリスチャン・ディオール

【ディオール】オー ノワール(フランシス・クルジャン)

2001年に、エディ・スリマンがイブ・サンローラン・リヴ・ゴーシュからやって来ました。2001-02年AWよりディオール・オムのクリエイティブ・ディレクターを務めることになり、2004年7月、フランシス・クルジャンによって調香されました。
クリスチャン・ディオール

【ディオール】コロン ブランシュ(フランシス・クルジャン)

ディオール・オムから生み出された最高級ラインのフレグランス「ディオール・ラ・コレクシオン・プリヴェ」は、当初エディ・スリマンがプロデュースし、3種類発表されました。ムスクとバニラ、アーモンドによる贅沢な柔らかい甘さに包まれる香りは、フランシス・クルジャンによる調香です。
アクア・ディ・パルマ

【アクア ディ パルマ】イリス ノビレ(フランシス・クルジャン/フランソワーズ・ キャロン)

1916年にイタリアの美食の都パルマで創業したフレグランス・ブランド「アクアディパルマ」。柑橘系とアイリスをミックスした香りは、フランス・グラース生まれの高砂の女性調香師フランソワーズ・キャロンとフランシス・クルジャンの競作です。
その他

【ブシュロン】トラブル(ジャック・キャヴァリエ)

YSLボーテの傘下に入ったブシュロンは、シャンタル・ルースの指揮の下、2004年に伝統的な「トゥラブル」モチーフを香水に引用したフレッシュ・オリエンタルな香りを作り上げました。この香りはジャック・キャヴァリエにより調香されました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました