究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

1996年

クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】キュイールモレスク(ムーアの伝説)(クリストファー・シェルドレイク)

「キュイールモレスク」とはフランス語で「ムーア人の革」という意味です。風光明媚なイベリア半島から砂漠の地へと去るムーア人の悲哀に満ちた後姿を香りにしたアニマリックレザーのこの香りは、クリストファー・シェルドレイクにより調香されました。
クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】アンサンエラバンド(クリストファー・シェルドレイク)

この香りは、どうやら神への祝福の香りらしい。そして、何事に関しても、神というものが商売に絡んでくると、とても平凡なものにさえも付加価値があると強制されるような胡散臭さが付きまとってきます。「お香とラベンダー」という名の香りは、クリストファー・シェルドレイクにより調香されました。
オリヴィア・ジャコベッティ

【ラルチザン】ドロール ド ローズ (お茶目なバラ)(オリヴィア・ジャコベッティ)

「ドロール」とは、フランス語で「変な、うさんくさい、馬鹿馬鹿しい」という意味があります。アンティークローズ(オールドローズ)のロマンティックな可愛らしい香りは、オリヴィア・ジャコベッティによる調香です。彼女の生み出す香りはどこか優しいです。
タイトルとURLをコピーしました