究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

1976年

その他

【ペンハリガン】バイオレッタ(マイケル・ピクタール)

パウダリーなヴァイオレットに明るさを与えるようなシトラスの輝きからこの香りははじまります。そして、ゼラニウムが涼しげな清涼感で香り全体を包み込んでくれます。1976年に、マイケル・ピクタールにより調香されました。
2020.04.28
ブランド

【ペンハリガン】ガーデニア(ベルトラン・ドゥショフール)

この香りのフローラルブーケの根底にあるのは、そんなダイアナ元妃のフローラルブーケなのです。元々は1976年に発売されていたものを、2009年にベルトラン・ドゥショフールが再調香し、ヘリテージコレクション「アンソロジー」として蘇りました。
2020.04.30
エドモンド・ルドニツカ

【ディオール】ディオール ディオール(エドモンド・ルドニツカ)

1976年にエドモンド・ルドニツカにより調香された「ディオール ディオール」。その前にルドニツカは5つの香りをディオールのために調香しました。その中でもハイライトといえるのが、「オー ソバージュ」(1966)と「ディオレラ」(1972)でした。このふたつの影響を受けたシプレ・フローラルの香りです。
2020.04.29
その他

【ヴァン クリーフ&アーペル】ファースト(ジャン=クロード・エレナ)

ヴァンクリーフ&アーペルが、1976年にはじめて生み出したフローラルの香りです。それは、1970年代に現れたカシスの芽のアブソリュを使用した、若き日のジャン=クロード・エレナによる調香でした。
2020.07.19
タイトルとURLをコピーしました