究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

ルイ・ヴィトンのフレグランスの正しい使い方【LV現役スペシャリストによる監修】

ブランド
©LOUIS VUITTON
ブランドルイ・ヴィトン全国フレグランス聖地ガイド香りの美学
この記事は約7分で読めます。

ルイ・ヴィトンのフレグランスの正しい使い方

ルイ・ヴィトン神戸大丸店のフレグランス・スペシャリストのM様とお話していていつも実感するのは、とても心根の優しい方だということです。関西の現役フレグランス販売員の方々の中にも彼女のファンが多いのが頷けるほど、本当に素晴らしく心の温かい方なのです。

接客の姿勢も、お客様に教えたり、説明するという感じではなく、寄り添うように、分かりやすい自分の言葉で香りを伝えて下さり、女優様のようなルックスと、バレエにより培われた所作の美しさからは想像も出来ないほどに、フランクな接客で安心感を与えてくれます。それでいて、香水の知識は、他ブランドも含めずば抜けています。

同性のお客様のファンが多いのもM様の人柄ゆえです。

M様は、基本的にご自身のことを販売員とは呼びません。彼女は、自分のことを「香りの伝道師」「香りの案内人」「香りのコンサルタント」と呼んで頂けるような接客を心がけています。そんなM様にとって、ルイ・ヴィトンのフレグランスの素晴らしさを100%体感してもらうために、『ルイ・ヴィトンのフレグランスの正しい使い方』を、それらを愛用して頂いている皆様に広く知っていただきたいと常々考えておられました。

そんなM様の長年の願いを実現させるために、カイエデモードにおいて、『ルイ・ヴィトンのフレグランスの正しい使い方』を広く伝道していただくことになりました。

まず最初に、私たちが知っておくとルイ・ヴィトンの素晴らしさがより理解できること。それはルイ・ヴィトンの商品とは、その全ての商品において、〝使う時の事まで考えて、使用者に寄り添った物作りをしている〟ということです。その一例として、M様がおっしゃった以下の話がとても分かりやすいと思います。

「ルイ・ヴィトンのキャリーバッグにホライゾンという製品があります。その持ち手の裏側の一部にヌメ革が使われています。それはデザイン的にあまり見えない部分になります。

であるにも関わらずなぜそこにヌメ革が使用されているのかと言うと『お客様が世界中のどんな場所にそのキャリーバッグを持っていっても、手のひらが当たる部分には気温に左右されない素材=ヌメ革を使い、たとえ砂漠のような灼熱の場所で手にしても、極寒の地で手にしても、一定の温度で滑らかな質感を手のひらに感じてもらえるようにするため』からなのです。

ホライゾン以外のあらゆる商品においても〝ラグジュアリー・ブランドとしてのデザイン性と品質への拘りだけではなく、お客様がお使いになることを極限まで考えた物作り〟をしているのです。」

それでは、M様による『ルイ・ヴィトンのフレグランスの正しい使い方』がはじまります。

スポンサーリンク

① 正しいスプレーの使い方

お客様にご購入いただいた後で、「皆様、フレグランスを選ぶ時には慎重にお選びになられるのですが、いざ毎日使うとなると、正しくない自己流の身にまとい方をされる方が少なくありません」とお伝えすると、結構ドキリとされる方が多いように感じます。

スプレーの使い方は、あまりに基礎的なことなので、意外と自分のスプレーの使い方が正しいかどうか〝今更聞けないこと〟になってしまいがちです。だからこそ、最初に、ルイ・ヴィトンのフレグランスのスプレーの正しい使い方について説明させて下さい。

スプレーを使う時に、ブルーベルで働いていた頃からずっと言われ続けたのは、『スプレーの基本は、肌から20cmくらい離した方が〝アルコールを飛ばしながら肌に香りがつく〟ので、つけたてでもふんわり香る』という事でした。

さらに、この肌から少し離してスプレーする事により、できるだけ〝点ではなく面で〟香りを肌に乗せることができるので、『さりげなく・まんべんなく・どこからともなく』香らせる事ができます。

以上を踏まえると、やはりスプレー自体の品質がとても重要な要素であり、〝まっすぐ勢いよく〟出るものよりも、〝細かい霧状でふんわり〟出るものの方が適していると言えます。そして、後者の方が使い慣れていない方でもテクニックいらずで上手く肌に乗せる事ができます。

ちなみにルイ・ヴィトンは、非常に珍しいことなのですが、スプレーの特許を取得しています。スプレーの中の作りが特殊であり、ふんわりと噴射されるように作られています。これは100mlと200ml(※ 年内で取り扱いが終了する)のボトルだけであり、トラベルスプレーには搭載されていません。

ちなみに100mlのボトルは使い切れないとおっしゃる方もいらっしゃいますが、私は「使いきれなくても良いんです。フレグランスは〝使い切る事〟が目的ではなく、〝使って過ごしている時間〟が大切なんですよ」とお伝えしています。

そのような特殊なスプレーなので、ルイ・ヴィトンのフレグランスは、通常の素晴らしいスプレーの特徴である三角形の霧状になるのではなく、細やかな霧が〝円〟を描くように噴射されるのです。そのため、テクニック要らずで、少し肌から離してさえスプレーしさえすれば〝細かい霧状でふんわり〟身に纏う事ができるのです。

② 香りをつけてはいけないNG箇所とは

一般的に、香水愛が深まっていく中、皆様のフレグランス選びは、年齢やトレンドなどに合わせてアップデートされていくのですが、過去に一度覚えた香りのつけ方をアップデートされることはあまりありません。手首に吹きかけその後、それを反対の手首でゴシゴシ、そして、首にもスリスリという方が今でもとても多いのです。

「ではどこにつけるのが一番良いのですか?」とお聞きになられた場合、私は〝どのように香らせたいかによります〟とお答えするようにしています。

そして、まず先に〝香りをつけてはいけないNGな箇所〟をお伝えするようにしています。それは『体温が上がりやすい場所と、汗をかきやすい場所』です。

例をあげると、体の中心部(胸元、お腹)は内臓を守ろうとして体温があがりやすいので、〝胸元につけたい→肩〟〝お腹につけたい→ウエスト両サイド〟に変えてみるだけで香り立ちの良さが全く違ってきますよ、とお伝えしています。

あと、汗をかきやすい場所だと汗と香水が混ざってしまい、香りの成分に影響を与えてしまいますので、せっかくムエットで試香して厳選されても〝これは良い香り!と思ってくださったその香り〟ではなくなってしまうのです。

スポンサーリンク

③ 香りをうまく身にまとう方法

〝香りをつけてはいけないNGな箇所〟を先にお伝えした後で、香りをうまく身にまとう方法をお伝えするようにしています。

まずフレグランスには必ずアルコールが含まれているので、下から上に立ち昇るように香る性質があることを頭に入れておく必要があります。

そして、『足首、膝(裏側は汗ばむためNG)、ウエスト両サイド、肩。このいずれかの箇所に、1箇所ワンプッシュずつで良いので、それを2,3箇所に分けて纏っていただく』ように提案させて頂いております。そうすると全身にどこからともなく優しくさりげなく香りが立ち上り、お客様が良い香りのオーラで包まれているような印象でお使いいただけるのです。

スポンサーリンク

④ ルイ・ヴィトンのフレグランスの保存方法

ルイ・ヴィトンのフレグランスを含むほとんどのフレグランスの保存方法は共通しております。基本的に直射日光や蛍光灯などの光を避けるのはもちろん、高温多湿な場所も避けて置いて頂く事が、香りの成分やアルコールの劣化を防ぐために一番の方法なのです。

そして、稀に『冷蔵庫に保存すれば良いのですか?』とお聞きになられる方もおられるのですが、極度の温度差にもフレグランスは弱く繊細なものなので、冷蔵庫保存はオススメできません。

ちなみにルイ・ヴィトンのフレグランスにはロットNo.が割り振られており、使用期限は製造から3年となっています。しかし、これを超えたからといって絶対に使ってはいけないというわけではなく、あくまで賞味期限のように〝安心して使える期間〟となります。

スポンサーリンク

⑤ ルイ・ヴィトンのトラベルスプレーと市販のアトマイザー

ルイ・ヴィトンのスプレーに特許が取得されているのは、100mlと200ml(※ 年内で取り扱いが終了する)だけなのですが、持ち歩き用としては、私はトラベルスプレーを推奨しています。

ちなみに100mlの本体から市販のアトマイザーに、詰め替えるとなると、液体が空気に触れることになり、劣化が急速に早くなってしまう原因となります。ルイ・ヴィトンのトラベルスプレーのように〝液体そのものがカートリッジ状〟になっており、密封されている物が一番安心安全です。

私は市販のアトマイザーにも良いものが出てきており、入れ換えて持ち運ぶことにも肯定派なのですが、その際は〝5〜6分目にとどめておく〟ようにした方が良いですとアドバイスさせて頂くようにしています。

ポイントは『なるべく早く使い切れる量』です。入れ替えすると本当に劣化が早くなり、液が漏れる場合があるので、5〜6分目にとどめておくというポイントは〝自分調べ〟ですが、そこは必ずお伝えするようにしています。

 

以上、M様による『ルイ・ヴィトンのフレグランスの正しい使い方』でした。最後までお読み頂きありがとうございました。

編集後記:フレグランスという一商品カテゴリーのために、スペシャストを配し、販売にあたり「香水の聖地グラース」で研修まで行うというルイ・ヴィトンの〝香水文化を大切にする姿勢〟には頭が下がります。それだけルイ・ヴィトンは、自社フレグランスの芸術性と品質に自信を持っているのです。
タイトルとURLをコピーしました