その他

デボラ・ハリー ブロンディ伝説2(3ページ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブロンディ略歴

  • 1974年 3人組のガールズ・バンド「スティレットーズ」に所属していたデボラ・ハリー(1945年- )と、そのバックバンドのメンバー、クリス・シュタインによりニューヨーク・パンク・バンドとして「ブロンディ」が結成される。
  • 1979年 「ハート・オブ・グラス」の全米英No.1ヒットにより一躍、人気バンドになる。
ブロンディ略歴続き




0cbc93ecfef98bcd8819f39e409e4048

on stage at the Hammersmith Odeon 1978

ブロンディ・スタイル8 「エアロビ・スタイル」
  • ブロンドヘアーに光沢のあるブラック・レオタード

逆に新しく感じさせる70年代末、ダンスファッション(よくテレビ番組で歌手の後ろで踊っているダンサーが着る衣装。詳しくは『Mr.Booインベイダー作戦』(1978)のオープニングを見よ。)

290ba58f6720185a0d02d1d7d2d631ff

パンクの聖地CBGBの外で。1975年

ブロンディ・スタイル9 「前結びラフ・スタイル」
  • 白シャツを前で結び、へそだし。ネクタイのようにスカーフを
  • カジュアルなルーズシルエットのパンツ




「ラプチュアー」歴史を変えたブロンディ


当時アンダーグラウンドで黒人を中心に流行の兆しを見せていたラップに目をつけたブロンディは、白人でありながら、史上初〝ラップをフューチャリングした曲〟「ラプチュアー(Rapture) 」(1981年全米No.1/全英No.5ヒット)を生み出します。ヒップホップの開祖グランドマスター・フラッシュがビデオクリップの撮影当日に、ドタキャンしたので、代わりにジャン=ミシェル・バスキアが、登場します。この時バスキアはまだ無名で、1983年にアンディ・ウォーホルと知り合い、有名になります(デボラに合図されて照れ笑いするまだウブだったバスキアが可愛すぎる)。

デボラ・ハリーは、史上初めてラップを歌った白人女性シンガーとなったのです。しかも、黒人っぽくラップするわけでもなく、独特の味を出しています。彼女が、現代の女性ポップシンガーにとって女神のように崇拝されている理由は、恐らくこういった先見の明の鋭さと、それを抜け抜けとやってのける度胸にあるのだと思います。

黒い小悪魔のように、時にミック・ジャガー並のルックスで、セットのストリートをラップしながら行脚するデボラと、パリコレなどでヘビロテされてそうな、オープニングの格好良さのギャップが絶妙です。

ac32ef99b8fa2513eff241ac5488c88d

伝説のキングコングタンクトップです。

ブロンディ・スタイル10 「キングコング・タンクトップ・スタイル」
  • 白のタンクトップ。キングコングのプリント
  • 白のレザーベルト
  • タイトなブラックパンツ
  • 赤のベレー帽

間違いなく現在においても格好いいスタイルです。ベレー帽とタンクトップとベルトのアンサンブルが絶妙すぎます。ベルトが太いのが全体のバランス取る形になっています。

060f07b8617ca45633599ebc50ae394b

ボロ・スタイルのデボラ・ハリー。1979年。

tumblr_o0hp8qq7W11u9mkq2o1_540

ダメージ加工して、肩出しデカニット風に一枚だけ着る。

ブロンディ・スタイル11 「ボロ・スタイル」
  • ボロ加工したベージュのトップス。まさしくタイムレスなアイテムです。




ページ:

1

2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. マドンナ伝説19(マドンナ・コンサートのファッション史4)(3ペ…
  2. マドンナ伝説22(マドンナとファッション・キャンペーン2)
  3. マドンナ伝説8(4ページ)
  4. マドンナ伝説24(マドンナとファッション・キャンペーン4)
  5. シンディ・ローパー伝説1(2ページ)
  6. スザンナ・ホフス バングルス伝説2(2ページ)
  7. マドンナ伝説5(3ページ)
  8. デボラ・ハリー ブロンディ伝説1(4ページ)

女性目線の男磨き

PAGE TOP