究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

香水特集記事

香りの美学

【香りで選ぶ香水特選 第二章】 ローズ編

ローズを愛する人々におすすめする35のフレグランス。美しい女性のように素晴らしい香りのローズには鋭い棘がたくさんあります。なぜ人々はローズに惹きつけられるのでしょうか?それは花と棘の間にある光と影に効し難い魅力を感じるからなのではないでしょうか?
2020.09.25
香りの美学

【香りで選ぶ香水特選 第一章】 スズラン編

スズランを愛する人々におすすめする27のフレグランス。今では男性の間でもスズランの香りに対する愛が高まっています。それは、スズランの持つどこか中性的な佇まいと、その独特な孤高のシルエットが与える〝気高さ〟に惹きつけられるのではないでしょうか。
2020.09.24
香りの美学

【香りで海外旅行気分 第一章】 夢のカリフォルニア編

ファッション誌&美容誌及びフレグランスサイトではここまで徹底的に掘り下げないほどに掘り下げている究極の『特選フレグランス特集』です。カリフォルニアの空気と世界観を日本にいながらにして堪能できるおすすめの香りを完全網羅しました。
2020.08.17
スポンサーリンク
香りの美学

【2019年クリスマス香水】100%失敗しない男性から女性へ、愛を語るフレグランス特集

クリスマス革命。それは聖夜の香りの革命。 キリスト教において、クリスマスとは、イエス・キルストの誕生を祝う一日であり、復活祭の次に重要な日です。 一方、日本においてのクリスマスは、バレンタインデー以上に恋する男女にとって重要な一日で...
香りの美学

【2019年クリスマス香水】女性から男性へ、愛を語るフレグランス特集(初級者編)

クリスマス革命。それは聖夜の香りの革命。 キリスト教において、クリスマスとは、イエス・キルストの誕生を祝う一日であり、復活祭の次に重要な日です。 一方、日本においてのクリスマスは、バレンタインデー以上に恋する男女にとって重要な一日で...
2020.01.26
香りの美学

【2019年クリスマス香水】女性から男性へ、愛を語るフレグランス特集(中級者編)

クリスマス革命。それは聖夜の香りの革命。 キリスト教において、クリスマスとは、イエス・キルストの誕生を祝う一日であり、復活祭の次に重要な日です。 一方、日本においてのクリスマスは、バレンタインデー以上に恋する男女にとって重要な一日で...
2020.01.21
香りの美学

【2019年クリスマス香水】女性から男性へ、愛を語るフレグランス特集(上級者編)

クリスマス革命。それは聖夜の香りの革命。 キリスト教において、クリスマスとは、イエス・キルストの誕生を祝う一日であり、復活祭の次に重要な日です。 一方、日本においてのクリスマスは、バレンタインデー以上に恋する男女にとって重要な一日で...
2019.12.17
新作

【2019年12月】新作カレンダー香水図鑑 – トム フォードの最新作

2019年12月に発売される新作フレグランス一覧 2019年11月に新作ラッシュが続き、12月に発売される新作は少ないです。そんな中、注目すべきは、ゲランから毎年12月に発売される「シャリマー スフル ドゥ パルファン」が、例年通りの香り...
2020.02.01
新作

【2019年11月】新作カレンダー香水図鑑 – セリーヌ始動、キリアンの逆襲

5ページの記事です。 2019年11月に発売される新作フレグランス一覧 今月の最大の話題はかなりコスパの良いキリアンの「ディスカバリー セット」でしょう。一本3万円越えのキリアンを代表するラインナップが、小容量8種類で26,800円で手...
2019.12.11
ジミー・チュウ

【写真で見る】ジミー・チュウ香水大図鑑<5の香りを選抜>

【写真で見る】ジミー・チュウ香水大図鑑<5の香りを選抜> ジミー・チュウの香水の全て それは二人の美女からはじまった・・・ 20世紀末ダイアナ元皇太子妃をはじめとする英国セレブたちが、一人の東洋人男性が作る〝魔法の靴〟...
2019.11.15
ブランド

【ラルチザン】オーデコロン コレクションの全て

フランス本国においてはオーデコロン・コレクションというものは存在しない。全てはブルーベル・ジャパンによって作り上げられた架空のコレクションです(つまりそういうテーマでこの5作品は作られていないということ)。
2020.04.30
ブランド

【ラルチザン】エキゾチック ボヤージュ シリーズの全て

21世紀に入り香りは新たなる段階へと進み始めました。それは、「花の香り」「女の香り」「男の香り」「エレガントな香り」「カジュアルな香り」という概念を越えた「旅の香り」によってです。そして、人々が香りに求めていたもの。それは、「旅客機」の役割でした。
2020.04.30
クリスチャン・ディオール

【ディオール】ソヴァージュ シリーズの全て

2005年に、現シャネルの専属調香師オリヴィエ・ポルジュが、ディオールのメンズフレグランスとして「ディオール オム」を調香しました。そして、それから10年ぶりの2015年9月に発売されたメンズ・フレグランスの新作が、この「ソヴァージュ」でした。
2020.04.30
ジミー・チュウ

【ジミー・チュウ】ジミー チュウ マン シリーズの全て

【ジミー・チュウ】ジミー チュウ マン シリーズの全て All About Jimmy Choo Man 公式ホームページ ラグジュアリー・シューズブランドとして、2008年に初登場したスター・スタッズと共に一大旋風を巻き...
2019.11.16
その他

【セリーヌ】セリーヌ オート パフューマリー コレクションの全て

「セリーヌ オート パフューマリー コレクション」と名づけられた11種類のフレグランスから成るフレグランス・コレクション(最初は9種類の香り)が、2019年11月15日に発売されました。それはエディ・スリマン就任以来初のセリーヌのフレグランスです。
2020.04.30
ブランド

【ルラボ】シティ エクスクルーシブ コレクションの全て

日本中ではじめて本格的にルラボの「シティ エクスクルーシブ コレクション」全14作品を徹底的に分析した特集ページです。ひとつひとつの香りが素晴らしい理由を徹底的に分析して、選びきった末に、購入する喜びをぜひ味わってください。
2020.09.02
香りの美学

【モテる女は浮気しない】イイ女たちが愛用している23のフレグランス

よく女性誌やネット上でモテ香水(男性ウケがよい香水)という言葉を目にします。それは一見するととてもチープでミーハーな印象を与えるのですが、実際のところ、フレグランス(=香水)にとって、モテるかモテないかという要素は、とても重要な要素なのです。
2020.08.01
香りの美学

【フレグランス愛好家なら必ず所有しておきたい】日本では手に入らない14の名香(3ページ)

【フレグランス愛好家なら必ず所有しておきたい】日本では手に入らない14の名香 現在、日本中で未曾有のフレグランス・ブームが起こっています。それは、ルイ・ヴィトン、ディオール、シャネル、グッチ、エルメス、トム・フォードといったラグジュアリー...
2019.11.23
ジョー・マローン・ロンドン

<18の香りを選抜>ジョー マローン ロンドン香水図鑑

ジョー・マローンの接客スタンスは、2018年に比べて2019年は段違いに飛躍しています。ただし、それは即戦力として香水を販売するレベルとして向上しているだけであって、真にフレグランスに対しての理解を高めていこうとしている販売員はほんの一握りしか存在しません。
2020.04.08
ブランド

【ブルガリ香水図鑑】本当のブルガリの魅力を伝える12の香り

2ページの記事です。 【ブルガリ香水図鑑】本当のブルガリの魅力を伝える12の香り ブルガリの香水の全て アクア・シリーズの全て オ・パフメの全て オムニア・シリーズの全て スプレンディダ・コレクションの全て ゴルデア・シリーズ...
2019.11.30
タイトルとURLをコピーしました