究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

調香界のスーパースター達

ティエリー ワッサー

年代別に見るティエリー・ワッサーの香り

1961年、スイス・ローザンヌ生まれ。ジュネーヴのジボダン社のパフューマリースクールに入学し、卒業後、パリにて、26歳でジボダンの調香師になる。1994年ニューヨーク・シティに移動し、フィルメニッヒの調香師となる。2008年にゲランの五代目専属調香師になる。
2021.04.22
ゲラン

ジャン=ポール・ゲラン 四代目調香師、神の鼻<ゴッドノーズ>を持つ男

1937年1月9日、フランス・パリで生まれる。祖父であるゲランの三代目調香師ジャック・ゲランの下で、1955年より後継者として英才教育を受け、3000種類の香料を嗅ぎ分ける〝神の鼻=ゴッドノーズ〟を持つに至る。
2021.04.18
ゲラン

ジャック・ゲラン 三代目調香師、シャリマーを作った男

1874年10月17日、フランス・パリで生まれる。叔父であるゲランの二代目調香師エメ・ゲランにより才能を見出され、1890年に、弱冠16歳にして後継者として英才教育を受けることになる。そして、1895年に晴れて三代目調香師に就任する。
2021.04.18
スポンサーリンク
その他

エメ・ゲラン 二代目調香師、ゲルリナーデの創造主

1834年4月2日、フランス・パリで生まれる。1862年に、父親であり、ゲラン創業者兼初代調香師のピエール=フランソワ・パスカル・ゲランから、二代目調香師を継承される。最大の功績は、ゲルリナーデというゲラン秘伝のレシピを完成させたことと、1889年に発表した「ジッキー」。
2021.04.18
その他

ピエール=フランソワ・パスカル・ゲラン ゲラン帝国の始祖

1853年に、フランスのウジェニー皇后のためにオーデコロンを作り、ヨーロッパの全ての王族の御用香水商となる。彼が歴史に残した香りは、ひとつだけだが、フレンスのフレグランス文化の基礎を打ち立てた〝フランス香水の父〟。
2021.04.18
ゲラン

【ゲラン香水聖典】すべての香りの道はゲランに通ず

ゲラン Guerlain 1828年にピエール=フランソワ・パスカル・ゲランにより、パリの高級ホテル「ル・ムーリス」の一階に香水店を創業。そして、1853年に、フランスのウジェニー皇后のためにオーデコロンを作り、ヨーロッパの全ての王族の御...
2021.04.22
ジャック・キャヴァリエ

年代別に見るジャック・キャヴァリエの香り

1962年、フランス・グラース生まれ。3代続く調香師であり、6才の頃より両親の仕事を手伝うようになり、調香師である父親に、天然原料について叩き込まれ、英才教育を受ける。1990年からフィルメニッヒ社で働くようになり、1992年の「ロー ドゥ イッセイ」によるオゾンノートの創造する。
2020.09.08
ジャン=クロード・エレナ

年代別に見るジャン=クロード・エレナの香り

1947年、フランス・グラース生まれ。1968年にジボダン社の調香師としてトレーニングを受け、1976年に、ラグジュアリー・ジュエリー・ブランド史上初のフレグランスをヴァンクリーフ&アーペルのために調香しました。この「ファースト」と名付けられた香りと共に彼のキャリアがはじまることになります。
2020.08.17
セリーヌ・エレナ

セリーヌ・エレナ 調香界のプリンセス

1968年、フランス・グラース生まれ。2005年から2011年にかけてザ・ディファレント・カンパニーの主任調香師をつとめる。エルメスの初代専属調香師をつとめたジャン=クロード・エレナという偉大な調香師を父に持つ今一番脂の乗っている調香師の一人です。
クリストファー・シェルドレイク

クリストファー・シェルドレイク シャネルとルタンスの影の男

インド・チェンナイ(旧マドラス)生まれの英国人。1987年に日本でセルジュ・ルタンスと出会い、1992年以降、実質的にルタンスの専属調香師の役割を果たすようになる。2005年よりシャネルの調香師および研究開発ディレクターを務め現在に至る。
2021.03.01
アニック・メナード

アニック・メナード 21世紀最期の魔女

生年月日不明、フランス・カンヌ生まれ。カンヌの裕福な家庭で生まれ、元々はバレリーナになりたかった彼女は、イジプカ(ISIPCA)で調香師のトレーニングを受けました。卒業後、ミシェル・ アルメラックに師事する。
2020.05.15
マティルデ・ビジャウイ

マティルデ・ビジャウイ 調香界のスパイスガール

1980年、フランス生まれ。13歳の頃から調香師になりたい考えイジプカで学び、IFFの研修で知り合ったローラン・ブリュイエールに師事。2004年に、クリスティーヌ・ナジェルが在籍していたMANE社に入社し、今に至る。2016年よりジョー・マローン・ロンドンの調香も担当するようになる。
2021.02.04
キリアン

キリアン・ヘネシー 香水界の貴公子

僅か12年で「真のラグジュアリー・フレグランス・ブランド」を創設した男。1995年にソルボンヌ大学の卒業論文のためにジャック・キャヴァリエにインタビューしたことがきっかけになり、パルファン・クリスチャン・ディオールに入社する。2007年にニッチ・フレグランス・ブランド『キリアン』を創設する。
2020.11.01
オリヴィエ・クレスプ

オリヴィエ・クレスプ グルマンノートの創造主

1955年、フランス・グラース生まれ。オリヴィエの両親は、香料会社にローズとジャスミンを供給する農園を経営していた。1992年にフィルメニッヒに入社(現在もフィルメニッヒに在籍)。1992年に「エンジェル」により世界初のグルマンノートを創造した。
2021.01.08
ジャック・ポルジュ

ジャック・ポルジュ シャネル帝国を創った男

1978年から2015年まで、シャネルの三代目専属調香師として、「ココ」(1984年)を皮切りに、「エゴイスト」(1990年)、「アリュール」(1996年)、「ココ マドモアゼル」(2001年)を生み出し、2003年には「チャンス」を創造し、ミレニアム世代の獲得に成功しました。
2021.01.19
カリス・ベッカー

カリス・ベッカー ジャドールを作った女帝

1999年に「ジャドール」により、ディオールの香りの革命を起こす。2007年よりキリアン・ヘネシーと共に、キリアンのフレグランスの大方を調香していくことになりました。2017年3月よりジボダン・パーフューマリースクールの校長に就任し、2019年5月には、フランスの芸術文化勲章シュヴァリエを受章しました。
2020.04.30
ヤン・ヴァスニエ

ヤン・ヴァスニエ 調香界の新プリンス

1976年、フランス・ブルターニュ地域圏・レンヌ生まれ。2007年にジボダン社に移籍し、2009年にカリス・ベッカーと共に調香したマーク・ジェイコブスの「ロラ」が2010年FiFi賞の女性フレグランス・プレステージ部門で最優秀賞を獲得し、次世代の調香師として一躍脚光を浴びることになる。
2020.11.18
オリヴィア・ジャコベッティ

オリヴィア・ジャコベッティ 調香界の反逆天使

ラルチザンの専属調香師とまで呼ばれた美人調香師オリヴィア・ジャコベッティは、あらゆるブランド・フレグランスの調香を拒否する強いポリシーを持つ調香師です。そんな彼女にとってのひとつのハイライトは、世界初のイチジクの香りを創造した「プルミエ フィグエ」(1994)でした。
2021.04.08
マリー・サラマーニュ

マリー・サラマーニュ 次世代の美人調香師

1977年、フランス・パリ生まれ。一族の多くが医師である裕福な家庭で生まれる。イジプカで学び、フランスの香料供給会社シャラボでインターンシップを受けたときに、アン・フリッポに師事する。2001年からフィルメニッヒで働き、オリヴィエ・クレスプの下で働く。
2020.12.01
オリヴィエ・ポルジュ

オリヴィエ・ポルジュ シャネルの4代目専属調香師

1974年7月30日、フランス・ヴォクリューズ生まれ。調香師界においてサラブレットと呼ばれる人は、一人しかいない。37年間シャネルの香りを創り続けてきたシャネルの3代目専属調香師ジャック・ポルジュを父親に持ち、2015年2月より、自らもシャネルの4代目専属調香師に就任したオリヴィエ・ポルジュその人である。
2021.02.24
タイトルとURLをコピーしました