究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

ベルトラン・ドゥショフール

ブランド

【ペンハリガン】サルトリアル(ベルトラン・ドゥショフール)

この香りの誕生のいきさつはペンハリガンが、パトリック・グラントの活躍に注目し、彼に「21世紀のサヴィル・ロウの香り」を作りたいとコラボを持ちかけたことから始まりました。そして、そんな香りを作ることが出来る男性として選ばれたのが、ベルトラン・ドゥショフールでした。
2020.07.31
ブランド

【ペンハリガン】ロタール(ベルトラン・ドゥショフール)

「トレードルート コレクション」が2014年に発売されました。その3種類(現在は6種類発売)のうちのひとつが、「ロタール」です。その名の意味は「紅茶を運ぶ快速帆船=ティークリッパー」です。アロマティック・スパイシーな香りはベルトラン・ドゥショフールにより調香されました。
2020.10.02
ブランド

【ペンハリガン】ヴァーラ(ベルトラン・ドゥショフール)

ヒンドゥー王朝・マールワール王国の最後のマハラジャ、ウメイド・ガジ・シン2世(1948-)が、2011年に孫娘の誕生にあわせて、ペンハリガンに依頼して作らせたプライベート・フレグランスです。ベルトラン・ドゥショフールにより調香されました。
2020.09.17
スポンサーリンク
ブランド

【ペンハリガン】ティラララ(ベルトラン・ドゥショフール)

2015年に休止したファッションブランド「ミーダム カーチョフ」とペンハリガンがコラボしたフレグランスです。その断末魔の叫びとも言えるこの香りは、鬼才ベルトラン・ドゥショフールにより調香されました。
2020.04.28
ブランド

【ペンハリガン】オスタラ(ベルトラン・ドゥショフール)

英国を象徴する花のひとつラッパスイセンに託したのが、この香りです。それは調香師のベルトラン・ドゥショフールがロンドンの王立植物園キューガーデンで遭遇した一面に広がるラッパスイセンの花畑に驚嘆したことからはじまりました。
2020.09.17
ブランド

【ペンハリガン】オレンジ ブロッサム(ベルトラン・ドゥショフール)

「オレンジの花」という名の香りです。元々は1976年に発売されていたものを、2010年にベルトラン・ドゥショフールが再調香し、ヘリテージコレクション「アンソロジー」として蘇りました。
2020.06.04
ブランド

【ペンハリガン】ガーデニア(ベルトラン・ドゥショフール)

この香りのフローラルブーケの根底にあるのは、そんなダイアナ元妃のフローラルブーケなのです。元々は1976年に発売されていたものを、2009年にベルトラン・ドゥショフールが再調香し、ヘリテージコレクション「アンソロジー」として蘇りました。
2020.04.30
ブランド

【ペンハリガン】アマランシィ(ベルトラン・ドゥショフール)

2009年にベルトラン・ドゥショフールがペンハリガンのために香りを作ったことはひとつの衝撃でした。「アマランシィ」とは、ミルトンが「失楽園」の中で取り上げたギリシア神話の不滅の花「不凋花(アマラント)」からインスパイアーされた香りです。
2020.04.17
ブランド

【ラルチザン】エクスプロージョン オブ エモーション コレクションの全て

2013年当時、絶好調だったラルチザンは、フレグランス市場のラグジュアリー傾向を考え、最上級フレグランス・コレクションの展開を図ることにしました。その最上級コレクションの名を「エクスプロージョン オブ エモーション」と申します。
2020.04.30
ブランド

【ラルチザン】ラペル トワ(ベルトラン・ドゥショフール)

2013年に、ラルチザンが展開した最上級フレグランス・ライン「エクスプロージョン オブ エモーション」の第二弾の3作品のうちのひとつです。。その名の意味は「忘れないで」です。フローラル・スパイシー・ウッディ香りは、ベルトラン・ドゥショフールにより調香されました。
2020.07.05
ブランド

【ラルチザン】オンド ソンシュエル(ベルトラン・ドゥショフール)

2013年に、ラルチザンが展開した最上級フレグランス・ライン「エクスプロージョン オブ エモーション」の第二弾の3作品のうちのひとつです。その名の意味は「官能的な波、情熱を乗せてやってくる波」です。ベルトラン・ドゥショフールにより調香されました。
2020.04.26
ブランド

【ラルチザン】オート ヴォルティージュ(ベルトラン・ドゥショフール)

2013年に、ラルチザンが展開した最上級フレグランス・ライン「エクスプロージョン オブ エモーション」の第二弾の3作品のうちのひとつです。その名の意味は「最高の飛行技術、高度なアクロバット」です。ベルトラン・ドゥショフールにより調香されました。
2020.10.28
ブランド

【ラルチザン】スキン オン スキン(ベルトラン・ドゥショフール)

2013年に、ラルチザンが展開した最上級フレグランス・ライン「エクスプロージョン オブ エモーション」の最初の3作品のうちのひとつです。その名の意味は「肌の上の肌」です。ベルトラン・ドゥショフールによって調香されました。
2020.10.28
ブランド

【ラルチザン】デリリア(ベルトラン・ドゥショフール)

2013年に、ラルチザンが展開した最上級フレグランス・ライン「エクスプロージョン オブ エモーション」の最初の3作品のうちのひとつです。その名の意味は「せん妄」(認知症やうつ病に似た症状)です。ベルトラン・ドゥショフールにより調香されました。
2020.04.26
ブランド

【ラルチザン】アムール ノクターン(ベルトラン・ドゥショフール)

2013年に、ラルチザンが展開した最上級フレグランス・ライン「エクスプロージョン オブ エモーション」の最初の3作品のうちのひとつです。その名の意味は「愛の夜想曲」です。ベルトラン・ドゥショフールにより調香されました。
2020.04.26
ブランド

【ラルチザン】トラベルセ ドゥ ボスフォール(イスタンブールの空)(ベルトラン・ドゥショフール)

2010年にラルチザンの香りの旅シリーズ「エキゾチック ボヤージュ(レ・ヴォヤージュ・エグゾティキ)」の第六弾として発売された「トラベルセ ドゥ ボスフォール」は、ベルトラン・ドゥショフールがインスタンブールの10日間の旅からインスパイアーされた香りです。
2020.10.28
ブランド

【ラルチザン】タンブクトゥ(ベルトラン・ドゥショフール)

2004年にラルチザンの香りの旅シリーズ「エキゾチック ボヤージュ(レ・ヴォヤージュ・エグゾティキ)」(別名ドゥショフール、俺の旅シリーズ)の第二弾として、今では歴史的名香と呼ばれる「タンブクトゥ」は発売されました。ベルトラン・ドゥショフールにより調香されました。
2020.11.13
ブランド

【ラルチザン】セヴィーヤ ローブ(セヴィリアの夜明け)(ベルトラン・ドゥショフール)

「セヴィーヤ ローブ」という香りが珍しいのは、フレグランス・ブロガーのデニス・ボリューの過去の恋愛の物語を口頭で聞いた調香師ベルトラン・ドゥショフールが、その物語にインスパイアーされ調香する過程も描かれている点にあります。
2020.10.28
ブランド

【ラルチザン】ローズ プリヴェ(ベルトラン・ドゥショフール/ステファニー・バクーシュ)

「バジルとカシス(ブラックカラント)によって導かれしローズの香りを作るんだ!」と。こうして生み出された「ローズ プリヴェ」は師匠ベルトラン・ドゥショフールとラルチザン・パフュームのインハウス・パフューマー見習いである弟子ステファニー・バクーシュにより調香されました。
2020.10.28
ブランド

【ラルチザン】ポアブル ピカーン(刺激的なペッパー)(ベルトラン・ドゥショフール)

2002年にラルチザンより発売された「情熱のスパイス」三部作のうちのひとつです。「ポアブル ピカーン」とは、フランス語で「辛い胡椒」の意味です。オリエンタル・スパイシーの香りは、ベルトラン・ドゥショフールにより調香されました。
2020.10.28
タイトルとURLをコピーしました