究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

オリヴィア・ジャコベッティ

オリヴィア・ジャコベッティ

【ディプティック】フィロシコス オードパルファン(オリヴィア・ジャコベッティ)

ディプティックから、1996年に発売された「フィロシコス」は、イチジクの実と葉と木のすべてをそのまま表現したウッディ・アロマティックの香りです。オリヴィア・ジャコベッティにより調香されました。そのオード・パルファム・ヴァージョンが2012年に誕生しました。
2021.09.04
オリヴィア・ジャコベッティ

【バイレード】フラワーヘッド(オリヴィア・ジャコベッティ/ジェローム・エピネット)

2006年に創立されたバイレードから、2014年に発売された「フラワーヘッド」は、オリヴィア・ジャコベッティとジェローム・エピネットによって調香されました。この香りにだけ、伝説の調香師オリヴィア・ジャコベッティは参加しています。
2021.07.05
オリヴィア・ジャコベッティ

【ゲラン】プティ ゲラン(ジャン=ポール・ゲラン/オリヴィア・ジャコベッティ)

1992年にジャン=ポール・ゲランは、自分自身の娘のように可愛がっていた友人の6歳の娘のために香りを作ることを決意しました。そして、この香りのために、新進気鋭の調香師オリヴィア・ジャコベッティとコラボすることにしたのでした。
2021.06.22
スポンサーリンク
その他

【NARS ナーズ】オーディシャス(オリヴィア・ジャコベッティ)

NARS(ナーズ)が25周年を記念して初めて生み出した香り「オーディシャス」。それは「今まで存在しなかったような香りを生み出したい」というフランソワ・ナーズの想いを、伝説的な調香師オリヴィア・ジャコベッティに託し生み出された画期的な香りでした。
オリヴィア・ジャコベッティ

【ペンハリガン】エリクシール(オリヴィア・ジャコベッティ)

「エリクシール=万能薬」という名のこの香りは、ペンハリガンの名香「ハマンブーケ」(1872)のオマージュとして生み出された香りです。オリヴィア・ジャコベッティが調香した唯一のペンハリガンの香りです。
2021.01.23
オリヴィア・ジャコベッティ

【ラルチザン】ナビガー(オリヴィア・ジャコベッティ)

長い航海の果てに流れ着いた無人島をイメージした「流されて」の香りです。スパイスの背景に香り立つ、優しいライムからはじまり、ジュニパーの涼しげな森林の香りに包まれるオリエンタル・スパイシーの香りは、オリヴィア・ジャコベッティにより調香されました。
2020.04.26
オリヴィア・ジャコベッティ

オリヴィア・ジャコベッティ 調香界の反逆天使

ラルチザンの専属調香師とまで呼ばれた美人調香師オリヴィア・ジャコベッティは、あらゆるブランド・フレグランスの調香を拒否する強いポリシーを持つ調香師です。そんな彼女にとってのひとつのハイライトは、世界初のイチジクの香りを創造した「プルミエ フィグエ」(1994)でした。
2021.05.09
その他

【ディプティック】オポネ(オリヴィア・ジャコベッティ)

ディプティック・ブティックのみで展開される「ル バザール デュ 34」の4つのラインアップの一つとして2015年に再販され、2021年3月末日に販売が終了する「オポネ」は、2001年にオリヴィア・ジャコベッティにより調香されました。
2021.09.04
その他

イドル (オリヴィア・ジャコベッティ)

香水名:イドル Idole オード・トワレ ブランド:ルバン 調香師:オリヴィア・ジャコベッティ 発表年:2005年 対象性別:男性 価格:日本未発売 ★★★★☆ サフラン・スウェード オリヴィア・ジャコベ...
2019.07.11
オリヴィア・ジャコベッティ

【ラルチザン】テ プー アン エテ(ひと夏の紅茶)(オリヴィア・ジャコベッティ)

「テ プー アン エテ」とは、フランス語で「ひと夏の紅茶」という意味です。夏の昼下がり、木陰でミントの葉を浮かべたアイスティーを楽しむイメージのアロマティック・グリーンの香りは、オリヴィア・ジャコベッティにより調香されました。
2021.02.09
オリヴィア・ジャコベッティ

【ラルチザン】ティー フォー ツー(オリヴィア・ジャコベッティ)

「ティー フォー ツー」とは、ドリス・デイ(「ケ・セラ・セラ」で有名)の名曲の題名であり、「二人でお茶を」という意味です。アロマティック・スパイシーの香りは、オリヴィア・ジャコベッティにより調香されました。
2021.02.09
オリヴィア・ジャコベッティ

【ラルチザン】サフラン トルブラン(オリヴィア・ジャコベッティ)

2002年にラルチザンより発売された「情熱のスパイス」三部作のうちのひとつです。「サフラン トルブラン」とは、フランス語で「やっかいなサフラン」という意味です。オリエンタル・スパイシーの香りは、オリヴィア・ジャコベッティにより調香されました。
2020.06.01
オリヴィア・ジャコベッティ

【ラルチザン】プルミエ フィグエ エクストリーム(オリヴィア・ジャコベッティ)

1994年に、世界初のイチジクの香りがラルチザンより誕生しました。その名を「プルミエ フィグエ」(日本名は「青いイチジク」)と申します。この香りは、オリヴィア・ジャコベッティにより調香されました。そのエクストリーム・ヴァージョンとして発売されたのが本作です。
2021.03.06
オリヴィア・ジャコベッティ

【ラルチザン】プルミエ フィグエ(オリヴィア・ジャコベッティ)

1994年に、世界初のイチジクの香りがラルチザンより誕生しました。その名を「プルミエ フィグエ」(日本名は「青いイチジク」)と申します。この香りは、オリヴィア・ジャコベッティにより調香されました。
2021.03.06
オリヴィア・ジャコベッティ

【ラルチザン】パッサージュ ダンフェ(地獄通り)(オリヴィア・ジャコベッティ)

「パッサージュ ダンフェ」とは、フランス語で「地獄通り」を意味します。それは1970年代にラルチザンパフュームの本社があった通りの名称です。大聖堂をイメージしたオリエンタル・ウッディーの香りは、オリヴィア・ジャコベッティにより調香されました。
2021.02.09
オリヴィア・ジャコベッティ

【ラルチザン】マンダリン トゥ サンプルマン(オリヴィア・ジャコベッティ)

「マンダリン トゥ サンプルマン」は、フランス語で「マンダリンのすべて」という意味です。イタリア・カラブリア産のマンダリンを、異なる成熟段階で抽出し、3種類のエッセンスとして使用しています。オリヴィア・ジャコベッティにより調香されました。
2020.04.27
オリヴィア・ジャコベッティ

【ラルチザン】エテ アン ドゥース(オリヴィア・ジャコベッティ)

「エテ アン ドゥース」とは、フランス語で「優しい夏」を意味します(本作の邦題は、「ひと夏の夕暮れ」です)。2005年に発売された当初の名前は「夢のエキス」でした。フローラル・ウッディー・ムスクの香りは、オリヴィア・ジャコベッティにより調香されました。
2021.03.07
オリヴィア・ジャコベッティ

【ラルチザン】ロー ド ラルチザン(オリヴィア・ジャコベッティ)

ロー ド ラルチザン 原名:L'Eau de L'Artisan 種類:オード・トワレ ブランド:ラルチザン 調香師:オリヴィア・ジャコベッティ 発表年:1993年 対象性別:ユニセックス 価格:100ml/18,360円 ...
2021.03.07
オリヴィア・ジャコベッティ

【ラルチザン】ジュール ド フェット(オリヴィア・ジャコベッティ)

「ジュール ド フェット」とは、フランス語で「祝福の日」という意味です。フランスにおいて出産、洗礼、婚礼などの慶事で配られるアーモンド砂糖菓子ドラジェをモチーフにしたオリエンタル・スパイシーの香りは、オリヴィア・ジャコベッティにより調香されました。
2020.04.27
オリヴィア・ジャコベッティ

【ラルチザン】フー アブサン(オリヴィア・ジャコベッティ)

「フー アブサン」とは、フランス語で「狂乱のアブサン」という意味です。弾けるような爽やかさからウッディーでセンシュアルなぬくもりに包まれたこの香りは、オリヴィア・ジャコベッティにより調香されました。
2021.02.09
タイトルとURLをコピーしました