エディ・スリマンのセリーヌ香水9種類徹底解剖!

ペンハリガン

ドミニク・ロピオン

【ペンハリガン】ハートレス ヘレン(残酷なヘレン)(ドミニク・ロピオン)

2016年11月ペンハリガンより、イギリスの上流階級の秘密を表現したコレクション<ポートレート>が発売されました。その第六章として2020年に日本上陸した二作品の中の一つ「ハートレス ヘレン(残酷なヘレン)」は、ドミニク・ロピオンによって調香されました。
その他

【ペンハリガン】テリブル テディ(悪い男テディ)(クエンティン・ビスク)

2016年にペンハリガンより、イギリスの上流階級の秘密を表現したコレクション<ポートレート>が発売されました。その第六章として2020年2月5日に日本で発売された二作品の中の一つ「テリブル テディ」は、ジボダンのクエンティン・ビスクによって調香されました。
その他

【ペンハリガン】エンプレッサ(クリスチャン・プロヴェンザーノ)

「トレードルート コレクション」が2014年に発売されました。その3種類のうちのひとつが、「エンプレッサ」です。その名の意味は「女帝」です。シャネルの「ココ マドモワゼル」の影響を多大に受けた香りです。クリスチャン・プロヴェンザーノによる調香です。
その他

【ペンハリガン】カスティーユ(ペンハリガン)

カスティーユとは、カスチール石鹸、カスティール石鹸(オリーブと月桂樹油をベースにしたアレッポの石鹸が起源)と同じスペルであり、その読み方が違うだけで全く同じ意味です。調香師は不明であり、現在は日本では販売されていない香りです。
その他

【ペンハリガン】ブルーベル(マイケル・ピクタール)

1978年発売以来ロングセラーであるブルーベルの香り。マイケル・ピクタールにより調香されました。マーガレット・サッチャーとケイト・モスが愛した香りなのですが、誰よりもこの香りを愛した女性として有名なのが、ダイアナ元妃です。
その他

【ペンハリガン】ブレナム ブーケ (ウォルター・ペンハリガン)

第9代マールバラ公からオーダーを頂き、ブレナム宮殿にインスピレーションを得て1902年に誕生しました。ペンハリガンの歴史を象徴する香りであり、創業者ウィリアム・ペンハリガンの息子ウォルター・ペンハリガンによって調香されました。
アルベルト・モリヤス

【ペンハリガン】ブラステッド ヒース (アルベルト・モリヤス)

「ブラステッド ヒース」とは、英語で「呪われたヒース荒地」という意味です。この香りの世界観はエミリー・ブロンテの『嵐が丘』と、ケイト・ブッシュが歌った同題のこの名曲です。狂気を香料の中に閉じ込めることに長けている男アルベルト・モリヤスにより調香されました。
アルベルト・モリヤス

【ペンハリガン】ブラステッド ブルーム (アルベルト・モリヤス)

スコットランド北部の海岸沿いにおいて、無限のパワーに満ちた大海が、豊潤な大地と遭遇する瞬間をテーマにした、「爆発するように開花する」という意味の、マリンノートの香りです。フィルメニッヒ社のアルベルト・モリヤスにより調香されました。
その他

【ペンハリガン】バイオリア(マイク・パロット)

2014年にペンハリガンが発売した、ブランド初となるスキンケアアイテムを含むメンズグルーミングコレクション「バイオリア」。それは1870年にブランド創始者ウィリアム・ペンハリガンが自身の理髪店で展開していた香りを、現代風に再現したアロマティックな香りです。
その他

【ペンハリガン】アルテミジア(ドミニク・ブーレイ)

アルテミジア・ジェンティレスキという女流画家の名前が、どうしてこの香りについているのか、徹底的に調査したのですが、どうしても私にはしっくりと来る回答が得られませんでした。更に言うと、ドミニク・ブーレイという女性調香師に対して満足の得られる情報を手にすることは出来ませんでした。
ブランド

【ペンハリガン】アマランシィ(ベルトラン・ドゥショフール)

2009年にベルトラン・ドゥショフールがペンハリガンのために香りを作ったことはひとつの衝撃でした。「アマランシィ」とは、ミルトンが「失楽園」の中で取り上げたギリシア神話の不滅の花「不凋花(アマラント)」からインスパイアーされた香りです。
アルベルト・モリヤス

【ペンハリガン】ジ インピュデント カズン マシュー(無礼ないとこ、マシュー)(アルベルト・モリヤス)

2016年ペンハリガンより、イギリスの上流階級の秘密を表現したコレクション<ポートレート>が発売されました。その第五章として2019年に日本上陸した二作品のうちの一つ「ジ インピュデント カズン マシュー」は、アルベルト・モリヤスによって調香されました。
その他

【ペンハリガン】ジ アンジェヌー カズン フローラ(純真ないとこ、フローラ)(クリストフ・レイノー)

2016年ペンハリガンより、イギリスの上流階級の秘密を表現したコレクション<ポートレート>が発売されました。その第五章として2019年に日本上陸した二作品のうちの一つ「ジ アンジェヌー カズン(純真ないとこ、フローラ)」は、クリストフ・レイノーによって調香されました。
その他

【ペンハリガン】ザ ブレイジング ミスター サム(情熱的なアメリカ人、ミスターサム)(クリストフ・レイノー)

2016年ペンハリガンより、イギリスの上流階級の秘密を表現したコレクション<ポートレート>が発売されました。その第四章として2019年に日本上陸した二作品のうちの一つ「ザ ブレイジング ミスター サム」は、クリストフ・レイノーによって調香されました。
その他

【ペンハリガン】チェンジング コンスタンス(先進的な女性、コンスタンス)(ジュリエット・カラグーゾグー)

2016年ペンハリガンより、イギリスの上流階級の秘密を表現したコレクション<ポートレート>が発売されました。その第四章として2019年に日本上陸した二作品のうちの一つ「チェンジング コンスタンス」は、ジュリエット・カラグーゾグーによって調香されました。
その他

【ペンハリガン】ザ リマーカブル サクセス オブ ミスター ハロッド(ロク・ドン)

2016年11月ペンハリガンより、イギリスの上流階級の秘密を表現したコレクション<ポートレート>が発売されました。その第三章として2017年に発売され、日本では販売不可能な「幻のポートレート」と呼ばれている香りです。ハロッズ限定の香りはロク・ドンにより調香されました。
ブランド

【ペンハリガン】ザ ビーウィッチング ヤスミン(マリー・サラマーニュ)

2016年11月ペンハリガンより、イギリスの上流階級の秘密を表現したコレクション<ポートレート>が発売されました。その第三章として2017年に発売され、日本では限定発売のみ行われた二本のうちのひとつです。マリー・サラマーニュにより調香されました。
その他

【ペンハリガン】ジ アンコンプロマイジング ソーハン(ペンハリガン)

2016年11月ペンハリガンより、イギリスの上流階級の秘密を表現したコレクション<ポートレート>が発売されました。その第三章として2017年に(全部で五作品)発売され、日本では限定発売のみ行われた二本のうちのひとつです。調香師は不明です。
ブランド

【ペンハリガン】リリー&スパイス(マティルデ・ビジャウイ)

100%まるごと百合の香りです。派手な女性が肌に纏うと、上品さがプラスされ、地味な女性が肌に纏うと、色香がプラスされる〝香りのフシギさ〟を体現する香りです。2006年にマティルデ・ビジャウイによって調香されました。残念ながら現在は廃盤です。
オリヴィエ・クレスプ

【ペンハリガン】ピオニーヴ(オリヴィエ・クレスプ)

英国庭園に美しく咲き誇るピオニーからインスピレーションを受けた香りです。天然香料を抽出することが出来ないピオニーの香りを、ほんのりと甘めに再現しています。オリヴィエ・クレスプにより調香されました。
黒水仙をフォローする
タイトルとURLをコピーしました