究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

トム・フォード

その他

【トム フォード】ボア マロケイン(シャマラ・メゾンデュー)

「トム フォード プライベート ブレンド」の新作として2022年9月9日に発売された「ボア マロケイン」は、実は2009年に発売されていた香りの再販です。ウッディ・スパイシーの香りはシャマラ・メゾンデューにより調香されました。
その他

【トム フォード】ローズ ド リュスィー(トム・フォード)

「トム フォード プライベート ブレンド」の新作として2022年2月1日に発売された『プライベート ローズ ガーデン』シリーズのひとつ「ローズ ド リュスィー」は、トム・フォードが所有するプライベート・ローズ・ガーデンからインスピレーションを受け生み出された香りです。
2022.07.15
その他

【トム フォード】ローズ ド シーヌ(トム・フォード)

「トム フォード プライベート ブレンド」の新作として2022年2月1日に発売された『プライベート ローズ ガーデン』シリーズのひとつ「ローズ ド シーヌ」は、トム・フォードが所有するプライベート・ローズ・ガーデンからインスピレーションを受け生み出された香りです。
2022.07.15
スポンサーリンク
その他

【トム フォード】ローズ ダマルフィ(トム・フォード)

「トム フォード プライベート ブレンド」の新作として2022年2月1日に発売された『プライベート ローズ ガーデン』シリーズのひとつ「ローズ ダマルフィ」は、トム・フォードが所有するプライベート・ローズ・ガーデンからインスピレーションを受け生み出された香りです。
2022.07.15
その他

【トム フォード】エベーヌ フュメ(ロドリゴ・フローレス・ルー)

「トム フォード プライベート ブレンド」の新作として2021年12月10日に発売された「エベーヌ フュメ」は、非常に珍しいスモーキー・フレグランスとして、ロドリゴ・フローレス・ルーにより調香されました。
2022.09.05
トム・フォード

【トム フォード】ロンドン(ヤン・ヴァスニエ)

トム・フォードは、2013年7月にイギリスで最初の路面店をロンドンのナイツブリッジ地区のスローンストリートにオープンしました。その記念として「プライベート ブレンド コレクション」から「ロンドン」という名の香りが発売されました。ヤン・ヴァスニエにより調香されました。
2022.06.19
その他

【トム フォード】サハラ ノワール(ロドリゴ・フローレス・ルー)

トム・フォードの『シグネチャー コレクション』から2013年5月に中東市場をターゲットに「サハラ ノワール」は発売されました。砂漠の樹脂である乳香をメインにしたアンバーフローラルの香りとしてロドリゴ・フローレス・ルーにより調香されました。
2022.06.14
その他

【トム フォード】バイオレット ブロンド(アントワン・リー)

トム・フォードの『シグネチャー コレクション』から「ブラック オーキッド」「ホワイト パチョリ」に続く女性用フレグランス第三弾として、2011年9月に「バイオレット ブロンド」は発売されました。アントワン・リーにより調香されました。
2022.06.13
ダニエラ・アンドリエ

【トム フォード】ソレイユ ブルロン(ダニエラ・アンドリエ)

「トム フォード プライベート ブレンド」の新作として2021年7月2日に発売された「ソレイユ ブルロン」(燃える太陽)は、温かなアンバーとフローラルをブレンドした独創的なフロリエンタルの香りとして、ダニエラ・アンドリエにより調香されました。
2022.07.15
トム・フォード

【トム フォード】テュベルーズ ニュ(ヤン・ヴァスニエ/シャマラ・メゾンデュー)

「トム フォード プライベート ブレンド」の新作として2021年2月1日に発売された「テュベルーズ ニュ」は、「ジャスミン ルージュ」と「チャンパカ アブソルート」を愛する人々にとって、素晴らしい贈り物だと言えます。ヤン・ヴァスニエとシャマラ・メゾンデューによって調香されました。
2022.06.17
その他

【トム フォード】ブラック オーキッド パルファム(デビッド・アペル/ピエール・ネグリン)

デビッド・アペルとピエール・ネグリンというジボダン社の一流調香師の手を借り生み出されたこの香りが、2020年にパルファムとして更なる進化(ユニセックス仕様に)を遂げることになりました(日本では10月16日に発売)。
2022.07.15
その他

【トム フォード】ボー デ ジュール(アントワーヌ・メゾンデュ)

トム・フォードの『シグネチャー コレクション』のひとつとして2020年に「ボー デ ジュール」は発売されました。「ボー デ ジュール」とは、フランス語で「素晴らしき一日」という意味です。アントワーヌ・メゾンデュにより調香されました。
2022.07.15
その他

【トム フォード】オンブレ レザー(ソニア・コンスタン)

トム・フォードの「プライベート ブレンド コレクション」から限定発売された「オンブレ レザー16」。この香りが好評だったことから、『シグネチャー コレクション』のひとつとして2018年に発売されることになったのがこの「オンブレ レザー」です。
2022.06.06
その他

【トム フォード】フジェール プラティーヌ(オリビエ・ギロティン/リンダ・ソン)

「プラチナ・フゼア」という名のこの香りは、トム・フォードのプライベート ブレンド コレクションから2018年に発売され、日本には未上陸の香りです。オリビエ・ギロティンとリンダ・ソンにより調香されました。
2022.07.15
その他

【トム フォード】フジェール ダルジャン(ルイーズ・ターナー)

「シルバー・フゼア」という名のこの香りは、トム・フォードのプライベート ブレンド コレクションから2018年に発売され、日本には未上陸の香りです。「ロストチェリー」を調香したルイーズ・ターナーにより調香されました。
2020.11.25
その他

【トム フォード】ビター ピーチ(ジャン=マルク・シャイラン/ロラン・ル・ゲルネック)

「トム フォード プライベート ブレンド」の新作として2020年11月に発売される「ビター ピーチ」は、フレグランス業界においても、賛否両論で分かれている香りです。その一番の理由は、「ピーチの香りの鈍さ」です。
2022.07.15
トム・フォード

【トム フォード】ウード フルール(ヤン・ヴァスニエ)

「ウード ウッド」の成功を見逃さなかったトム・フォードは、2013年にプライベート ブレンド コレクションから二つの新たなるウードの香りを生み出しました。この「ウード フルール」の香りは、ヤン・ヴァスニエにより調香されました。
2022.07.15
その他

【トム フォード】タバコ ウード(オリビエ・ギロティン)

「ウード ウッド」の成功を見逃さなかったトム・フォードは、2013年にプライベート ブレンド コレクションから二つの新たなるウードの香り(「タバコ ウード」と「ウード フルール」)を生み出しました。「タバコ ウード」は、オリビエ・ギロティンにより調香されました。
2022.05.25
その他

【トム フォード】ジョンキーユ ド ニュイ(ロドリゴ・フローレス・ルー)

トム・フォードの「プライベート ブレンド コレクション」の中の「真夜中の庭園」=ジャルダン・ノワール・コレクションのひとつです。2012年に発売されたこの香りは、ロドリゴ・フローレス・ルーにより調香されました。
2022.07.15
その他

【トム フォード】ベルベット ガーデニア(デビッド・アペル)

2007年にトム・フォードが発表した新たなるフレグランス・ライン「プライベート ブレンド コレクション」。それは一挙に12種類の香水を発売するという画期的な試みでした。そのうちのひとつである「ベルベット ガーデニア」は、デビッド・アペルにより調香されました。
2022.05.25
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました