特報!2020年2月27日ルイ・ヴィトン新作フレグランス発売!

セルジュ・ルタンス

クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】グラットシエルの全て

正確にはこのコレクションは、1927年にフリッツ・ラング監督が作った『メトロポリス』から触発されたコレクションです。そして、この物語の舞台は、2026年の近未来であり、現在から見ると、6年先のほんのすぐ先の未来なのです。
クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】ムスククビライカーン(クビライカーンのムスク)(クリストファー・シェルドレイク)

アニマリックな香りのオールスターとも言える程に、シベット(霊猫香)、カストリウム(海狸香)、アンバーグリス(龍涎香)、ムスク(麝香)の四つが総出で、肌に襲来してくる衝撃のオープニングからこの香りははじまります。クリストファー・シェルドレイクにより調香されました。
クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】キュイールモレスク(ムーアの伝説)(クリストファー・シェルドレイク)

「キュイールモレスク」とはフランス語で「ムーア人の革」という意味です。風光明媚なイベリア半島から砂漠の地へと去るムーア人の悲哀に満ちた後姿を香りにしたアニマリックレザーのこの香りは、クリストファー・シェルドレイクにより調香されました。
クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】コレクション ノワールの全て

2018年3月21日に「ブラック&ベージュ コレクション」全24作品から「コレクションノワール」の全17作品に変更され、10種類もの名香が2017年末から一挙に廃盤になりました。このコレクションこそが、セルジュ・ルタンスの香りの真髄であり、メイン・コレクションなのです。
クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】ラヴィエルジュドゥフェール(鉄の百合)(クリストファー・シェルドレイク)

それにしてもこの香りを調香したクリストファー・シェルドレイクという男性は、恐ろしい人です。「鉄の処女」それは、拷問器具の香りではなく、「オルレアンの乙女」ジャンヌ・ダルクの香りだったのです。
クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】テュベルーズクリミネル(罪作りな月下香)(クリストファー・シェルドレイク)

「Criminelle」はフランス語で「犯罪者」の意味です。そして、この香りには「罪作りな月下香」という邦題がつけられています。さすがクリストファー・シェルドレイクによる調香です。暴力に支配される人間が、崩壊していくプロセスを香りに託したバイオレンス・パフュームの先駆的作品です。
クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】ダチュラノワール(黒のダチュラ)(クリストファー・シェルドレイク)

「ファムファタールへの道」。美しいオンナになるための悪徳習得の香り。2001年に誕生した「ダチュラノワール」は、フランス語で「ブラック・ダチュラ」を意味します。クリストファー・シェルドレイクにより調香されました。
クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】アンボワバニール(バニラの木)(クリストファー・シェルドレイク)

2003年に誕生した「アンボワバニール」は、フランス語で「バニラの木」を意味します。この香りは、2018年3月21日に、「コレクション ノワール」の中に組み込まれました。オリエンタル・バニラの香りは、クリストファー・シェルドレイクにより調香されました。
クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】シェルギイ(モロッコの砂漠の熱風)(クリストファー・シェルドレイク)

2001年にパレ・ロワイヤル本店限定の香りとして生み出された「シェルギイ」は、ヴァージニア産のタバコと干し草が、煮込まれた蜂蜜と絡み合うスモーキースウィートな香りです。クリストファー・シェルドレイクにより調香されました。
クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】コレクション ポリテスの全て

2009年に誕生したセルジュ・ルタンスの新ライン「ロー」。それは〝アンチ・パフューム〟のコンセプトで生み出された香りのコレクションです。その「ロー」の進化形として2019年5月21日から発売開始されたのが「コレクション ポリテス」です。
セルジュ・ルタンス

【セルジュ ルタンス】アイリス シルバー ミスト(モーリス・ルーセル)

パレ・ロワイヤル本店限定の香りの中でも最も人気が高く、香水史においても重要だとされている香り「アイリス シルバー ミスト」は、セルジュ・ルタンスの作品の中でも、珍しくクリストファー・シェルドレイクが調香を担当していません。それはモーリス・ルーセルによる調香です。
クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】ロー コレクションの全て

2009年に誕生したセルジュ・ルタンスの新ライン「ロー」(通称:ルタンスの水・シリーズ)。過剰な香水の匂いに満ち溢れたこの世界に対する反乱という〝アンチ・パフューム〟のコンセプトで生み出されたコレクションです。
クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】サンタルマジュスキュル(夢物語のサンダルウッド)(クリストファー・シェルドレイク)

千夜一夜物語の香り(直訳すれば「大文字のサンダルウッド」)。セルジュ・ルタンスがイメージしたこの香りは、「のび太」の香りだった。オリエンタル・ウッディな香りは、クリストファー・シェルドレイクにより調香されました。
クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】フェミニテデュボワ(木のフェミニティ)(ピエール・ブルドン/クリストファー・シェルドレイク)

「フェミニテデュボワ」とはフランス語で「木のフェミニティ(女らしさ)」を意味します。この香りは60%のウッディで構成されています。そのことにより、メンズの香りとされていたウッディ(正確にはシダーウッド)に女性の側面を生み出すことになりました。
クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】カニバル(クリストファー・シェルドレイク)

セルジュ・ルタンスの最高級コレクション「セクションドール」は、8種類の香りから成ります。2015年に発表された5作品のうちのひとつである「カニバル」の名前の意味は「食人族」です。スモーキーなローズの香りは、クリストファー・シェルドレイクにより調香されました。
クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】ルナーコンストリクター(クリストファー・シェルドレイク)

2015年に発表された5作品のうちのひとつである「ルナーコンストリクター」の名前の意味はすごく複雑です。セルジュ・ルタンスの悪魔の召喚者クリストファー・シェルドレイクにより調香されました。8種類の「セクションドール」の中で優雅な女性に最も選ばれる香りです。
クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】ランソンディエール(クリストファー・シェルドレイク)

2014年に生み出された「ランソンディエール」とは、フランス語で「放火魔、焼夷弾」の意味です。この最高級コレクションのファースト・フレグランスとして発売されました。スモーキーなウードの香りは、クリストファー・シェルドレイクにより調香されました。
クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】ブロデフルール(クリストファー・シェルドレイク)

セルジュ・ルタンスの最高級コレクション「セクションドール」から、2020年において最も新しい作品であるこの作品は、2017年に生み出されました。その名も「花の死刑執行人(介錯人)」です。クリストファー・シェルドレイクにより調香されました。
クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】バドゥソワ(絹の靴下)(クリストファー・シェルドレイク)

「バドゥソワ」とは、フランス語で「絹の靴下」の意味です。絹の靴下に包まれた美脚を伸ばし、そこに指を這わせ靴下を引き伸ばしているイメージを喚起させる香りです。この香りは、2010年にクリストファー・シェルドレイクにより調香されました。
クリストファー・シェルドレイク

【セルジュ ルタンス】ヴィトリオールドゥイエ(クリストファー・シェルドレイク)

2018年3月21日に「ブラック&ベージュ コレクション」が「コレクションノワール」に変更され、10種類もの名香が2017年末から一挙に廃盤になりました。この「ヴィトリオールドゥイエ」もそのうちの一つでした。2011年にクリストファー・シェルドレイクにより調香されました。
タイトルとURLをコピーしました