究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

ジミー・チュウ

ジミー・チュウ

【ジミー チュウ】アイ ウォント チュウ(ソニア・コンスタン/ルイーズ・ターナー)

2017年にマイケル・コース・ホールディングスに買収されたジミー・チュウから2020年12月に発売された「アイ ウォント チュウ」は、ソニア・コンスタン、アントワーヌ・メゾンデュ、ルイーズ・ターナーの3人により調香されました。
ジミー・チュウ

【写真で見る】ジミー・チュウ香水大図鑑<5の香りを選抜>

【写真で見る】ジミー・チュウ香水大図鑑<5の香りを選抜> ジミー・チュウの香水の全て それは二人の美女からはじまった・・・ 20世紀末ダイアナ元皇太子妃をはじめとする英国セレブたちが、一人の東洋人男性が作る〝魔法の靴〟...
ジミー・チュウ

【ジミー チュウ】ジミー チュウ マン シリーズの全て

ラグジュアリー・シューズブランドとして、2008年に初登場したスター・スタッズと共に一大旋風を巻き起こしていたジミー・チュウの初のフレグランス・ラインはウィメンズからはじまりました。さらに2014年にはじめてのメンズ・フレグランスが発売されることになりました。
その他

【ジミー チュウ】アーバンヒーロー(アントワーヌ・メゾンデュ/マリオン・コステロ)

2019年9月にジミー・チュウの新しいメンズ・フレグランス(フランカーではない)が発売されることになりました。その名も「アーバンヒーロー」です。ジボダン社のアントワーヌ・メゾンデュとマリオン・コステロによって調香されました。
その他

【ジミー チュウ】ジミー チュウ フローラル(ルイーズ・ターナー)

2011年2月に発売されたジミー・チュウ初のフレグランス「ジミー チュウ オード パルファム」のフランカーとして2019年5月8日に発売されたのが「ジミー チュウ フローラル」でした。フルーティー・フローラルの香りは、ルイーズ・ターナーにより調香されました。
ジミー・チュウ

【ジミー チュウ香水聖典】美しい脚の誘惑、美しい香りの幻惑

1996年に、ヴォーグUKの編集者だった大富豪の娘タマラ・メロンが、ジミーと共に「ジミー・チュウ」を創立しました。2011年に、満を持してブランド初のフレグランス・ラインが誕生。同年タマラが去り、サンドラ・チョイ体制の中で、2014年にメンズ・フレグランスを発売。
その他

【ジミー チュウ】イリシット フラワー(アリエノール・マスネ/ニコラ・ボーリュー)

2015年8月にジミー・チュウの新作フレグランスとして発売された「イリシット」=「非合法な、反道徳的な」の第二弾の香り「イリシット フラワー」は、アリエノール・マスネとニコラ・ボーリューによって調香され、2016年2月に発売されました。
アン・フリッポ

【ジミー チュウ】ジミー チュウ マン インテンス(アン・フリッポ)

ジミー・チュウは2014年に、はじめてのメンズ・フレグランスを発表することになりました。その「ジミー チュウ マン」のフランカーとして、2016年に発売されたのが「ジミー チュウ マン インテンス」です。オリジナル版と同じくアン・フリッポにより調香されました。
その他

【ジミー チュウ】ジミー チュウ マン アイス(ミシェル・アルメラック)

2014年に、ジミー・チュウ初のメンズ・フレグランス「ジミー チュウ マン」が発売されました。その第三弾として、2017年に発売されたのが「ジミー チュウ マン アイス」です。爽やかなシトラス・ウッディの香りは、ミシェル・アルメラックにより調香されました。
ジミー・チュウ

【ジミー チュウ】ジミー チュウ ブロッサム(マリー・サラマーニュ/ルイーズ・ターナー)

2013年に発売されたジミー・チュウの「フラッシュ」のボトルカラーをピンクに一新し、2015年2月に発売された「ブロッサム」は、ジボダンのルイーズ・ターナーにより調香されました。
その他

【ジミー チュウ】ジミー チュウ ロー(ジュリエット・カラグーゾグー)

2011年にジミー・チュウの最初のフレグランス「ジミー チュウ オード パルファム」が発売されました。そのフランカーとして2017年4月5日に発売された「ジミー チュウ ロー」は、IFFのジュリエット・カラグーゾグーにより調香されました。
その他

【ジミー チュウ】ジミー チュウ マン ブルー(ナタリー・ローソン)

ラグジュアリーシューズ・ブランドであるジミー・チュウが、初めてのメンズ・フレグランス「ジミー チュウ マン」を発売したのは、2014年のことでした。それから4年の月日を経て、2018年に生み出された「ジミー チュウ マン ブルー」は、ナタリー・ローソンにより調香されました。
その他

【ジミー チュウ】ジミー チュウ フィーバー(ナタリー・ローソン/オノリーヌ・ブラン)

「ジミー チュウ フィーバー」。2011年2月に発売されたジミー・チュウ初のフレグランス「ジミー チュウ オード パルファム」のフランカーとして、2018年8月29日に「ジミー チュウ マン ブルー」と共に限定販売されました。ナタリー・ローソンとオノリーヌ・ブランにより調香されました。
オリヴィエ・ポルジュ

【ジミー チュウ】ジミー チュウ オード トワレ(オリヴィエ・ポルジュ/ヴェロニク・ナイバーグ)

2011年2月に発売されたジミー・チュウのファースト・フレグランス「ジミー チュウ オード パルファム」のオード・トワレ・ヴァージョンとして、2012年1月に発売されました。オリヴィエ・ポルジュとヴェロニク・ナイバーグにより調香されました。
オリヴィエ・ポルジュ

【ジミー チュウ】ジミー チュウ オード パルファム(オリヴィエ・ポルジュ)

2011年2月に発売されたこの香りは、ラグジュアリー・シューズ・ブランドジミー・チュウのファースト・フレグランスです。現シャネルの専属調香師オリヴィエ・ポルジュにより調香されました。
アン・フリッポ

【ジミー チュウ】ジミー チュウ マン(アン・フリッポ)

2011年に、ジミー・チュウは、はじめてのメンズコレクションを発表しました。そして、同年念願のファースト・フレグランスを発表し、2014年に、はじめてのメンズ・フレグランスを発表することになりました。アン・フリッポにより調香されました。
アン・フリッポ

【ジミー チュウ】イリシット(アン・フリッポ)

「イリシット」=「非合法な、反道徳的な」という名のこの香りは、2015年8月にジミー・チュウの新作フレグランスとして発売されました。アン・フリッポにより調香されました。
クリスティーヌ・ナジェル

【ジミー チュウ】フラッシュ(クリスティーヌ・ナジェル)

2013年に発売されたブランド第二弾の香り「フラッシュ」は、ジミー・チュウのシューズを愛する美貌のセレブたち。そんな彼女たちに群がるパパラッチたちが発射するフラッシュをイメージして創られた香りです。現エルメスの二代目専属調香師クリスティーヌ・ナジェルによって調香されました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました