エディ・スリマンのセリーヌ香水9種類徹底解剖!

グッチ

アルベルト・モリヤス

【グッチ】グッチ ブルーム アンブロシア ディ フィオーリ(アルベルト・モリヤス)

「香りのLSD」を生み出そうとする裏テーマが存在する「グッチ ブルーム」シリーズの第五弾として、「グッチ ブルーム アンブロシア ディ フィオーリ」がアルベルト・モリヤスにより調香されました。
アルベルト・モリヤス

【グッチ】グッチ ブルーム ゴッチェ ディ フィオーリ(アルベルト・モリヤス)

「香りのLSD」を生み出そうとした裏テーマが存在する「グッチ ブルーム」シリーズより、第四弾として2019年5月22日に限定発売されたのが、「グッチ ブルーム ゴッチェ ディ フィオーリ」です。アルベルト・モリヤスによる調香です。
アルベルト・モリヤス

【グッチ】グッチ ブルーム・シリーズの全て

2015年にアレッサンドロ・ミケーレがグッチのクリエイティブ・ディレクターに就任し、はじめて彼の完全プロデュースの下で生み出されたフレグランス。それが「グッチ ブルーム」です。そのコンセプトは、21世紀の桃源郷であり、ノージェンダーの悦びの世界への誘いです。
アルベルト・モリヤス

【グッチ】グッチ ギルティ アブソルート(アルベルト・モリヤス)

2018年1月24日に発売された「グッチ・ギルティ」シリーズの第八弾です。社会のルールやジェンダーの概念に捉われることのない自由な愛を表現したというシプレーフルーティな香りを調香したのは、「プールオム」と同じくアルベルト・モリヤスです。
アルベルト・モリヤス

【グッチ】グッチ ブルーム ネッターレ ディ フィオーリ(アルベルト・モリヤス)

「グッチ・ブルーム」最終章の名は「花の蜜」です。その名のごとくオリジナルを濃厚にしたものであり、「最も官能的なグッチ・ブルームです」と言うアレッサンドロ・ミケーレのアナウンスと共に2018年夏に発売されました。アルベルト・モリヤスによる調香です。
アルベルト・モリヤス

【グッチ】グッチ ブルーム アクア ディ フィオーリ(アルベルト・モリヤス)

アレッサンドロ・ミケーレ監修によるフラワーパワー・フレグランス「グッチ・ブルーム」第二章の名は「花の水」です。2018年春に発売されました。グリーン・フローラルの香りは、前作と同じくアルベルト・モリアスによる調香です。
アルベルト・モリヤス

【グッチ】グッチ ギルティ アブソルート プールオム(アルベルト・モリヤス)

新生グッチのクリエイティブ・ディレクター、アレッサンドロ・ミケーレと調香師アルベルト・モリヤスがコラボレーションして作り上げた2010年から発売されている〝グッチ・ギルティ〟の新バージョン=「自由な男性」を体現した香りです(第七弾)。
アルベルト・モリヤス

【グッチ】グッチ ブルーム(アルベルト・モリヤス)

「新生グッチ旋風」を巻き起こしているクリエイティブ・ディレクターのアレッサンドロ・ミケーレが初めてプロデュースするフレグランスが、遂に2017年8月9日、日本で発売されました。調香はアルベルト・モリヤスによるものです。
グッチ

【グッチ】エンヴィ(モーリス・ルーセル)

一年間で、6月の1週間しか咲かない幻の花ヴァインフラワー(ブドウの花)の香りに心奪われた調香師モーリス・ルーセルが、その香りを再現するべく12年の歳月をかけて調香しました。1997年に発売された、トム・フォードがクリエイトしたはじめての香りです。
黒水仙をフォローする
タイトルとURLをコピーしました