究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

クロエ

その他

【クロエ】クロエ オードパルファム(ミシェル・アルメラック/アマンディーヌ・クレーヌ・マリー)

2006年にボンド・ナンバーナインの「セント オブ ピース」を調香し、脂の乗り切っていたミシェル・アルメラックとアマンディーヌ・クレーヌ・マリーにより調香されたこの香りは、発売と同時に、世界中で爆発的に売れ、21世紀の「ローズ革命」を成し遂げたのでした。
その他

【クロエ】ノマド アブソリュ ドゥ パルファム(クエンティン・ビスク)

2018年に発売された「ノマド オード パルファム」をさらに濃厚にした香りとして2020年に発売されました。ミドルノートにフルーティな洋酒のような甘さのダバナを加え、マリベルとオークモスのシプレ調をより濃厚なものにしています。調香は、引き続きクエンティン・ビスクにより行われました。
その他

【クロエ】ノマド オードトワレ(クエンティン・ビスク)

2018年に発売された「ノマド オード パルファム」のオード・トワレ版として、2019年に発売されました。EDP版のユニセックスな側面を弱めるために、オークモスとパチョリの役割を弱めることによって、フルーティ・フローラルの香り立ちを強めています。調香は、引き続きクエンティン・ビスクにより行われました。
アン・フリッポ

【クロエ】ラブストーリー シリーズの全て

かつてグッチ帝国においてトム・フォード王朝時代の腹心だったクレア・ワイト・ケラーにとって、ファッション・ブランドとしてのクロエの名声を高めつつも、いつかは「私のクロエの香り」を生み出したい!と考えていました。そんな熱い想いの下で、「ラブストーリー」シリーズは、2014年9月に産声をあげました。
アン・フリッポ

【クロエ】ラブストーリー オー センシュエル(アン・フリッポ/ドミティーユ・ベルティエ)

2014年にローンチされた「ラブストーリー」シリーズ第三弾として2017年に発売された「オー センシュエル」は、夕暮れのパリに訪れるロマンスの予感を香りにしたものです。アン・フリッポとドミティーユ・ベルティエにより調香されました。
アン・フリッポ

【クロエ】ラブストーリー オード トワレ(アン・フリッポ)

2014年にローンチされた「ラブストーリー」シリーズ第二弾として2016年に発売されました。再びアン・フリッポにより調香されたこの香りは、オード・パルファムとは少し違った趣の香りです。それは明らかに、10代の幼き日の初恋をテーマにした香りです。
アン・フリッポ

【クロエ】ラブストーリー(アン・フリッポ)

2014年9月にローンチされたクロエの新フレグランス「ラブストーリー」シリーズの第一弾。パリっ子たちのロマンスと、ポンデザールの橋で愛を誓う恋人たちがかけるパドロック(南京錠)からインスパイアされたフローラルの香りです。アン・フリッポにより調香されました。
その他

【クロエ】ノマド(クエンティン・ビスク)

クロエは、ブランドイメージの調整を図る必要に迫られました。そして、洗練された大人の香りを2018年に発売することになりました。ネオシプレと呼ぶに相応しいこの香りは、ジボダンの新世代のエース、クエンティン・ビスクにより調香されました。
タイトルとURLをコピーしました