究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

イヴ・サンローラン

アン・フリッポ

【イヴ サンローラン】リブレ(アン・フリッポ/カルロス・ベナイム)

2019年11月1日(金)に発売されたイヴ・サンローランの新作「リブレ」。それは1975年に発売された「オー リブレ」の流れを汲む、サンローランのブランド哲学を21世紀に昇華させた香りです。オリエンタル・フゼアの香りは、アン・フリッポとカルロス・ベナイムにより調香されました。
その他

【イヴ サンローラン】オピウム 2009年版(アントワーヌ・メゾンデュ)

オリジナルを再現するに当たり、新しいオピウムの調香を担当したアントワーヌ・メゾンデュは、ほとんどの香料が、現在では規制に引っかかり使用できないという状況に立たされました。新しいボトル・デザインは、ファビアン・バロンとステファノ・ピラーティによりデザインでました。
アニック・メナード

【イヴ サンローラン】ボディ クーロス(アニック・メナード)

1981年に発売されたイヴ・サンローランの大ヒット・メンズ・フレグランス「クーロス」(ピエール・ブルドンによる調香)のミレニアム・ヴァージョンとして2000年に発売されました。オリエンタル・スパイシーの香りは、アニック・メナードにより調香されました。
スポンサーリンク
イヴ・サンローラン

【イヴ サンローラン】リヴ ゴーシュ(ジャック・ポルジュ/ミシェル・ハイ)

「リヴ ゴーシュ」とは、フランス語で「左岸」を意味し、1966年に、イヴ・サンローランがプレタポルテのブティックをオープンしたことから名づけられたブランド名でした。1969年にジャック・ポルジュとミシェル・ハイにより調香されました。
イヴ・サンローラン

【イヴ サンローラン】カフタン(カリス・ベッカー)

2015年11月に誕生したイヴ・サンローランの究極のフレグランス・コレクション「ル ヴェスティエール デ パルファム」。イヴ・サンローランが1969年に発表したカフタンルックからインスパイアされたオリエンタル・スパイシーの香りは、カリス・ベッカーによって調香されました。
イヴ・サンローラン

【イヴ サンローラン】ブラック オピウム フローラル ショック(オリヴィエ・クレスプ)

「ブラック オピウム」に、今までにない衝撃的なシトラスのフレッシュなノートを加えた新ヴァージョンが、2017年に発売されました。オリヴィエ・クレスプ、ナタリー・ローソン、オノリーヌ・ブラン、マリー・サラマーニュの4人によって調香されました。
イヴ・サンローラン

【イヴ サンローラン】ブラック オピウム オーデトワレ(オリヴィエ・クレスプ)

「ブラック オピウム」のオード・トワレ・ヴァージョンとして2015年に発売されました。よりフレッシュなコーヒーフローラル・オリエンタルの香りは、オリヴィエ・クレスプ、ナタリー・ローソン、オノリーヌ・ブラン、マリー・サラマーニュの4人によって調香されました。
イヴ・サンローラン

【イヴ サンローラン】ブラック オピウム(オリヴィエ・クレスプ/マリー・サラマーニュ)

1977年に発売された名香「オピウム」のニューヴァージョンとして、2014年に発売された「ブラック オピウム」は、フローラル・コーヒーの香りとしてオリヴィエ・クレスプ、ナタリー・ローソン、オノリーヌ・ブラン、マリー・サラマーニュの4人によって調香されました。
イヴ・サンローラン

【イヴ サンローラン】モン パリ フローラル(オリヴィエ・クレスプ)

2016年、2017年と共に9月に発売された「モン パリ」「モン パリ オーデトワレ」に引き続き2018年3月に発売された「モン パリ クチュール」。これで最終作と思いきや2019年4月5日に発売されるのがシリーズ第四弾である「モン パリ フローラル」です。
アルベルト・モリヤス

【イヴ サンローラン】サハリエンヌ(アルベルト・モリヤス)

2015年11月に誕生したイヴ・サンローランの究極のフレグランス・コレクション「ル ヴェスティエール デ パルファム」。イヴ・サンローランが1968年に発表したサファリルック「サハリエンヌ」からインスパイアされた香りは、アルベルト・モリヤスによって調香されました。
アン・フリッポ

【イヴ サンローラン】ロム シリーズの全て

21世紀のイヴ・サンローランのメンズ・フレグランス・ラインとして、2006年に発売されたのが「ロム」です。カリスマ性のある男性のオーラを演出するというテーマで以後、数々の「ロム」シリーズはアン・フリッポやドミニク・ロピオン、オリヴィエ・ポルジュによって調香されました。
イヴ・サンローラン

【イヴ サンローラン】モン パリ シリーズの全て

情熱的な恋を待ち焦がれる20代後半から40代の女性のための香りです。三部作ともに、オリヴィエ・クレスプ、ハリー・フレモント、ドラ・バクリッシュ・アルノによる調香です。そして、2019年4月5日に第四弾の「モン パリ フローラル」が発売されました。
イヴ・サンローラン

【イヴ サンローラン】ロム リーブル(オリヴィエ・ポルジュ/カルロス・ベナイム)

2006年にローンチされた「ロム」シリーズのニュー・ヴァージョンとして2011年9月に発売された「ロム リーブル」。リーブルとはフランス語で自由を意味します。オリジナルよりもハーバルなウッディ・アロマティックな香りは、オリヴィエ・ポルジュとカルロス・ベナイムによって調香されました。
アン・フリッポ

【イヴ サンローラン】マニフェスト エクラ(アン・フリッポ/ロク・ドン)

2012年に発売されたイヴ・サンローランの新シグネチャー・フレグランス「マニフェスト」の第三弾として発売されました。シトラスウッディ・フロリエンタルの香りは、アン・フリッポとロク・ドンによる調香です。
アン・フリッポ

【イヴ サンローラン】マニフェスト(アン・フリッポ/ロク・ドン)

2012年8月にローンチされた、イヴ・サンローランの女性用シグネチャー・フレグランスの新作「マニフェスト」。ゴージャスでグラマラスな甘さのジャスミンバニラが誘惑するようなフローラル・オリエンタルの香りは、アン・フリッポとロク・ドンによる調香です
アン・フリッポ

【イヴ サンローラン】ラ ニュイ ド ロム(アン・フリッポ/ドミニク・ロピオン)

2006年に発売されたイヴ・サンローランの「ロム」の「夜の一面」を引き出した香りが、2009年3月に世界中で発売されました。その名も「ラ・ニュイ・ド・ロム」=「男の夜」です。「ロム」を創造した、アン・フリッポとピエール・ワーグニーとドミニク・ロピオンの3人による調香です。
アン・フリッポ

【イヴ サンローラン】ロム スポーツ(アン・フリッポ/ジュリエット・カラグーゾグー)

2006年に発売された「ロム」をさらに爽快にしたヴァージョンです。シトラスウッディの香りは、アン・フリッポとジュリエット・カラグーゾグーによる調香です。メンズ・フレグランスにしては、珍しくアルデヒドが調香されています。
アン・フリッポ

【イヴ サンローラン】ロム(アン・フリッポ/ピエール・ワーグニー/ドミニク・ロピオン)

カリスマ性のある男性のオーラを演出することを標榜して生み出されたウッディ・フローラル・ムスクなこの香りは、アン・フリッポ、ピエール・ワーグニー、ドミニク・ロピオンにより調香されました。
イヴ・サンローラン

【イヴ サンローラン】モン パリ クチュール(オリヴィエ・クレスプ/ハリー・フレモント)

2016年、2017年と共に9月に発売された「モン パリ」「モン・パリ オーデトワレ」に引き続き2018年3月に発売された「モン・パリ・クチュール」。オリヴィエ・クレスプ、ハリー・フレモント、ドラ・バクリッシュ・アルノによる調香です。
イヴ・サンローラン

【イヴ サンローラン】モン パリ オーデトワレ(オリヴィエ・クレスプ/ハリー・フレモント)

2016年9月に発売され、目標売上の4倍以上の売上を更新した「モン パリ」のオード・トワレ・ヴァージョンが2017年9月に発売されました。【モン パリ第二章】のはじまりです。オリヴィエ・クレスプ、ハリー・フレモント、ドラ・バクリッシュ・アルノにより調香されました。
タイトルとURLをコピーしました