究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

イッセイ・ミヤケ

イッセイ・ミヤケ

【イッセイ ミヤケ】ロードゥ イッセイ プールオム(ジャック・キャヴァリエ)

1992年に発売された「ロードゥ イッセイ」のメンズ版として1994年に発売されました。両方とも1990年代のオゾンノート大流行の立役者です。柚子を使用したウッディ・アクアティックの香りは、ウィメンズ版と同じくジャック・キャヴァリエによる調香です。
イッセイ・ミヤケ

【イッセイ ミヤケ】ロー ブルー ドゥイッセイ(ジャック・キャヴァリエ)

「ロードゥ イッセイ プールオム」から10年の時を経て生み出されたイッセイ・ミヤケのメンズ・フレグランス第二弾です。その名は「青い水」です。強烈に個性的なトップからはじまるウッディ・アロマティックの香りはジャック・キャヴァリエにより調香されました。
アルベルト・モリヤス

【イッセイ ミヤケ】ロードゥ イッセイ フローラル(アルベルト・モリヤス)

そんな「イッセイの水」も、美しきローズの存在がなければ意味がないと言わんばかりに、2011年に「ロードゥイッセイ フローラル」が生み出されたのでした。それは水と太陽のあいだで今まさに開花する寸前の薔薇のつぼみを描写した香りであり、アルベルト・モリヤスにより調香されました。
イッセイ・ミヤケ

【イッセイ ミヤケ】ルフードゥイッセイ(ジャック・キャヴァリエ)

「イッセイの炎」。通称〝元気玉〟。ミルキーでありながらスパイシー。ルフードゥイノキではないが、元気が得られる香水です。ジャック・キャヴァリエによる調香です。
イッセイ・ミヤケ

【イッセイ ミヤケ】ロードゥ イッセイ(ジャック・キャヴァリエ)

1992年に、香水の歴史の新しい一ページをめくる未知の香調オゾンノートが誕生しました。この香調を生み出した香りの名を「ロードゥ イッセイ」と申します。それは、イッセイ・ミヤケにとって最初の香りであり、ジャック・キャヴァリエにより調香されました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました