究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

女性目線の男磨き

その他

『トゥルー・ロマンス』Vol.4|クリスチャン・スレーターとエルヴィス・プレスリー

はじまりはこうです。25歳くらいの童貞青年クラレンスは、自分の誕生日を祝うために映画館で「ソニー千葉」特集上映を見て、一人過ごしています。そんな時に、豹柄のコートに、赤のボディコン姿のブロンドヘアのかわいい女の子が、ポップコーン片手に自分の後ろの席にやって来たのでした。
サルヴァトーレ・フェラガモ

ロジャー・ムーア9 『007 ムーンレイカー』2(3ページ)

作品名:007 ムーンレイカー Moonraker(1979) 監督:ルイス・ギルバート 衣装:ジャック・フォントレー 出演者:ロジャー・ムーア/ロイス・チャイルズ/マイケル・ロンズデール/リチャード・キール/コリンヌ・クレリー シ...
サルヴァトーレ・フェラガモ

ロジャー・ムーア8 『007 ムーンレイカー』1(3ページ)

作品名:007 ムーンレイカー Moonraker(1979) 監督:ルイス・ギルバート 衣装:ジャック・フォントレー 出演者:ロジャー・ムーア/ロイス・チャイルズ/マイケル・ロンズデール/リチャード・キール/コリンヌ・クレリー ラ...
スポンサーリンク
その他

『仁義の墓場』Vol.2|渡哲也と堕天使・芹明香

渡哲也のトレンチコート・スタイル。 一月の寒いときに素足に雪駄を履いて、出番を待つあいだもじっと立ってるんです。「椅子はないのか、椅子は」とスタッフに言ったら「椅子は持ってくるなと渡さんから言われてますから」「何を言ってるんだ。病人な...
その他

『仁義の墓場』Vol.1|東映流れ者=渡哲也無双

石川力夫というヤクザの恋の物語 『仁義なき戦い』シリーズ(1973-1974)でもいろんなエピソードを取り上げたけれど、こういう人間だけは出てきたことがない。戸籍から洗い始めて近所の人の話を聞いたりして、いちばん強いモチーフになったの...
その他

ヘンリー・フォンダ/ジェイソン・ロバーツ2 『ウエスタン』6(2ページ)

作品名:ウエスタン Once Upon a Time in the West (1968) 監督:セルジオ・レオーネ 衣装:カルロ・シーミ 出演者:クラウディア・カルディナーレ/チャールズ・ブロンソン/ヘンリー・フォンダ/ジェイソン・...
その他

ヘンリー・フォンダ/ジェイソン・ロバーツ1 『ウエスタン』5(2ページ)

作品名:ウエスタン Once Upon a Time in the West (1968) 監督:セルジオ・レオーネ 衣装:カルロ・シーミ 出演者:クラウディア・カルディナーレ/チャールズ・ブロンソン/ヘンリー・フォンダ/ジェイソン・...
その他

チャールズ・ブロンソン3 『ウエスタン』2(2ページ)

作品名:ウエスタン Once Upon a Time in the West (1968) 監督:セルジオ・レオーネ 衣装:カルロ・シーミ 出演者:クラウディア・カルディナーレ/チャールズ・ブロンソン/ヘンリー・フォンダ/ジェイソン・...
その他

チャールズ・ブロンソン2 『ウエスタン』1(2ページ)

作品名:ウエスタン Once Upon a Time in the West (1968) 監督:セルジオ・レオーネ 衣装:カルロ・シーミ 出演者:クラウディア・カルディナーレ/チャールズ・ブロンソン/ヘンリー・フォンダ/ジェイソン・...
ジェームズ・ボンド

【写真で見る】ジェームズ・ボンド・スーツ図鑑【ダニエル・クレイグ編】④

4作目 007 スペクター(2015) 2019年末に公開されることが決定したダニエル・クレイグの六代目ジェームズ・ボンドの最新作(25作目)。そして、現在においての最終作である24作目が、ダニエル・ボンドの第四弾です。ついに悪の組織スペ...
ジェームズ・ボンド

【写真で見る】ジェームズ・ボンド・スーツ図鑑【ダニエル・クレイグ編】③

3作目 007 スカイフォール(2012) 2012年のロンドン五輪の開会式にエリザベス女王と出演したことにより、ダニエル・クレイグの六代目ジェームズ・ボンドは、21世紀で最も有名なメンズ・アイコンとなりました。そんなダニエル・ボンド第三...
ジェームズ・ボンド

【写真で見る】ジェームズ・ボンド・スーツ図鑑【ダニエル・クレイグ編】②

2作目 007 慰めの報酬(2008) ダニエル・クレイグの六代目ジェームズ・ボンド第ニ弾は、007シリーズ初の前作『007 カジノ・ロワイヤル』の終わりから物語が始まる続編です。まさにこの作品からトム・フォードとのコラボが始まり、ジェー...
ジェームズ・ボンド

【写真で見る】ジェームズ・ボンド・スーツ図鑑【ダニエル・クレイグ編】①

1作目 007 カジノ・ロワイヤル(2006) ダニエル・クレイグの記念すべき六代目ジェームズ・ボンド第一弾において、彼が着ていたスーツは4着のブリオーニでした。そして、シューズはジョン・ロブです。全体的に本作以降に装着することになるトム...
ジェームズ・ボンド

『007 カジノ・ロワイヤル』Vol.7|ダニエル・クレイグとブリオーニ

私はほんとうにうんざりしていました。なぜ作品が出来上がる前に私を批判するのか?作品を見てから批判できないのか?という思いでいっぱいでした。しかし、ある時こう考えるようにしました。ボンドムービーに対して多くの人々がそれだけ情熱的になれるんだと・・・。
ジェームズ・ボンド

『007 カジノ・ロワイヤル』Vol.6|ダニエル・クレイグとサンスペル

今までのボンドムービーとは違いニュー・ボンドは、既出している衣服をミックスして、コーディネイトして着ています。それは特にダニエル・クレイグ自身の要望でした。ニュー・ボンドに、スティーブ・マックイーンのカジュアルもラグジュアリーに着こなせるという要素を取り入れていこうと考えたのでした。
ジェームズ・ボンド

『007 カジノ・ロワイヤル』Vol.5|ダニエル・クレイグとアストンマーティンDBS

ついに新型のアストンマーティンDBS V12が登場します。マレック・ライヒマンがデザインした近未来と中世の騎士のイメージが見事に融合された唯一無二なデザインなのですが、残念なことに秘密兵器は搭載されていません。
ジェームズ・ボンド

『007 カジノ・ロワイヤル』Vol.4|ダニエル・クレイグとジョルジオ・アルマーニ

あのレザージャケットを、私がはじめてロデオ・ドライブで見たときは、4000ドルしました。それをダニエルに見てもらって、これは映画に必要だと合意しました。そして、アルマーニ社から使用許可を得ました。しかし、撮影のために25着は必要だったので、交渉をして一着400ユーロで作ってもらったのです。
ジェームズ・ボンド

『007 カジノ・ロワイヤル』Vol.3|ダニエル・クレイグのマッチョボディ

ダニエル・クレイグが肉体改造を決断した理由は、6代目ボンドを引き受けた後、イアン・フレミングの原作を全て読み、さらに『ミュンヘン』(2005)の役作りのためにアドバイサーをしてもらったモサドとMI6の元諜報部員達と交流していく中で、本物の諜報部員のように演じるためには何が必要か考えた末の結論でした。
ジェームズ・ボンド

『007 カジノ・ロワイヤル』Vol.2|コンバースをはいたダニエル・クレイグ

秘密兵器を使わずに、コンバースを履いて、ただひたすら追いかける新米シークレット・エージェントの執念をココで描くことが出来たからこそ、その後の展開と、タキシード姿で洗練されていくボンドの姿に説得力が生まれたのでした。
ジェームズ・ボンド

『007 カジノ・ロワイヤル』Vol.1|ダニエル・クレイグ6代目ボンド就任

2005年10月14日、ロンドンにて、6代目ジェームズ・ボンドが発表されたのでした。そして、その瞬間、世界中のファンは再び失望したのでした。長めの金髪に、にやけ面のダニエル・クレイグが、まるでオフィスビルからランチタイムに出てきたようなスタイルで登場したのでした。
タイトルとURLをコピーしました