究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

映画女優

シャーロット・ランプリング

『地獄に堕ちた勇者ども』Vol.2|シャーロット・ランプリングとルキノ・ヴィスコンティ

シャーロット・ランプリングが、女性誌においてファッション・アイコンとして取り上げられるとき、どのブランドを付けています。という観点ではなく、彼女自身の生き様について語られます。それは間違いなく彼女の「自然体」かつ「求道的な」演技スタイルによるものなのでしょう。
シャーロット・ランプリング

『地獄に堕ちた勇者ども』Vol.1|シャーロット・ランプリングには悲劇が似合う

世界中の女優が憧れる女優の一人。それがシャーロット・ランプリングです。女優にとって、尊敬に値する女優とは、若さあふれる絶世の美女ではなく、衰える容姿をものともせず、年を重ねても尚、カメラの前で魅力的な役柄を演じる女優のことを指します。
アンドロギュヌス

『アニー・ホール』Vol.3|ダイアン・キートンとアニー・ホール・ルック

ダイアン・キートンの実名はダイアン・ホール。そして、友人内でのニックネームはアニーです。つまり、アニー・ホールとは、ダイアン自身のことなのです。チャップリンが絶賛した新しい感覚のコメディを牽引したのは、間違いなく独立した女性像を示したダイアン・キートンの存在感でした。
スポンサーリンク
アンドロギュヌス

『アニー・ホール』Vol.2|ダイアン・キートンとパンツルック

実は、スタイリストに問題があるのですが、服を着るということは、「リラックスした着こなし」を提案することが重要なのです。ファッションは、内面を反映します。アニー・ホール・ルックがハイセンスに見えたのは、ダイアン・キートンが普段のスタイリングを披露したからなのです。
アンドロギュヌス

『アニー・ホール』Vol.1|ダイアン・キートンとラルフ・ローレン

ウディ・アレンは、日頃から目にしていたダイアン・キートンのファッションセンスの良さを作品にストレートに反映させることにしました。そうです、アニー・ホールのスタイリングは、全て彼女自身が生み出したものなのでした。
その他

『グランド・ホテル』1|ジョーン・クロフォードの魅力

4ページの記事です。 作品データ 作品名:グランド・ホテル Grand Hotel (1932) 監督:エドマンド・グールディング 衣装:エイドリアン 出演者:ジョーン・クロフォード/グレタ・ガルボ ハリウッドに君臨する女王グレ...
カトリーヌ・ドヌーヴ

『シェルブールの雨傘』3|カトリーヌ・ドヌーヴのイヴ・サンローラン前夜

2ページの記事です。 作品データ 作品名:シェルブールの雨傘 Les Parapluies de Cherbourg (1964) 監督:ジャック・ドゥミ 衣装:ジャクリーヌ・モロー 出演者:カトリーヌ・ドヌーヴ/アンヌ・ヴェルノ...
カトリーヌ・ドヌーヴ

『シェルブールの雨傘』2|カトリーヌ・ドヌーヴとバーバリーのトレンチコート

2ページの記事です。 作品データ 作品名:シェルブールの雨傘 Les Parapluies de Cherbourg (1964) 監督:ジャック・ドゥミ 衣装:ジャクリーヌ・モロー 出演者:カトリーヌ・ドヌーヴ/アンヌ・ヴェルノ...
エルメス

『シェルブールの雨傘』1|カトリーヌ・ドヌーヴとフレンチシック

2ページの記事です。 作品データ 作品名:シェルブールの雨傘 Les Parapluies de Cherbourg (1964) 監督:ジャック・ドゥミ 衣装:ジャクリーヌ・モロー 出演者:カトリーヌ・ドヌーヴ/アンヌ・ヴェルノ...
その他

『ゲッタウェイ』Vol.3|アリ・マッグローとトレンチコート

グレート・アメリカン・スタイル アリ・マッグロー(1939-)は1991年のピープル・マガジンにおいて、世界で最も美しい50人の1人に選ばれました。彼女はパラマウント映画の伝説的な若手ヘッド・プロデューサー、ロバート・エヴァンスを虜にし、...
エリザベス・テイラー

『陽のあたる場所』2|エリザベス・テイラーとイーディス・ヘッド

2ページの記事です。 作品データ 作品名:陽のあたる場所 A Place in the Sun (1951) 監督:ジョージ・スティーヴンス 衣装:イーディス・ヘッド 出演者:エリザベス・テイラー/モンゴメリー・クリフト/シェリー...
エリザベス・テイラー

『陽のあたる場所』1|エリザベス・テイラーとプロムドレス

2ページの記事です。 作品データ 作品名:陽のあたる場所 A Place in the Sun (1951) 監督:ジョージ・スティーヴンス 衣装:イーディス・ヘッド 出演者:エリザベス・テイラー/モンゴメリー・クリフト/シェリー...
ジーナ・ローランズ

『グロリア』Vol.2|ジーナ・ローランズとエマニュエル・ウンガロ

本作の衣装デザインをしたエマニュエル・ウンガロは1933年、フランス南部で生まれました。両親はムッソリーニのファショスト政権を逃れて20年代にフランスに移住したイタリア人で、父は小さな紳士服店を営んでいた。そこでエマニュエルは5才の時からスーツの仕立てを父から学びます。
ジーナ・ローランズ

『グロリア』Vol.1|ジーナ・ローランズとニューヨークのスラム街

グロリア、あんたはすごい。タフで、クールで・・・やさしいよ。劇場公開時のキャッチコピーです。この素晴らしいキャッチコピーがこの作品のすべてを表しています。決して、いまどきのハリウッドスターのように、アンチエイジングに励み、綺麗なオバサマではない主人公グロリア。
マリリン・モンロー

『ナイアガラ』2|マリリン・モンロー誕生の瞬間

3ページの記事です。 作品データ 作品名:ナイアガラ Niagara (1953) 監督:ヘンリー・ハサウェイ 衣装:ドロシー・ジーキンス 出演者:マリリン・モンロー/ジーン・ピーターズ/ジョゼフ・コットン マリリン・モンローの...
マリリン・モンロー

『ナイアガラ』1|マリリン・モンローとモンローウォーク

3ページの記事です。 作品データ 作品名:ナイアガラ Niagara (1953) 監督:ヘンリー・ハサウェイ 衣装:ドロシー・ジーキンス 出演者:マリリン・モンロー/ジーン・ピーターズ/ジョゼフ・コットン モンローウォークの誕...
エルメス

『シャレード』3|オードリー・ヘプバーンとユベール・ド・ジバンシィ

2ページの記事です。 作品データ 作品名:シャレード Charade(1963) 監督:スタンリー・ドーネン 衣装:ユベール・ド・ジバンシィ 出演者:オードリー・ヘプバーン/ケーリー・グラント/ウォルター・マッソー/ジェームズ・コ...
オードリー・ヘプバーン

『シャレード』2|オードリー・ヘプバーンとトレンチコート

2ページの記事です。 作品データ 作品名:シャレード Charade(1963) 監督:スタンリー・ドーネン 衣装:ユベール・ド・ジバンシィ 出演者:オードリー・ヘプバーン/ケーリー・グラント/ウォルター・マッソー/ジェームズ・コ...
エルメス

『シャレード』1|オードリー・ヘプバーンとジバンシィのコート

2ページの記事です。 作品データ 作品名:シャレード Charade(1963) 監督:スタンリー・ドーネン 衣装:ユベール・ド・ジバンシィ 出演者:オードリー・ヘプバーン/ケーリー・グラント/ウォルター・マッソー/ジェームズ・コ...
アンナ・カリーナ

『気狂いピエロ』2|アンナ・カリーナとジャン=ポール・ベルモンド

3ページの記事です。 作品データ 作品名:気狂いピエロ Pierrot Le Fou (1965) 監督:ジャン=リュック・ゴダール 衣装:クレジットなし 出演者:ジャン=ポール・ベルモンド/アンナ・カリーナ 「二度とゴダールと...
タイトルとURLをコピーしました