究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

梶芽衣子

和を知る

【修羅雪姫】梶芽衣子様のキモノは女の戦闘服

『週刊プレイボーイ』に1972年2/29号から1973年3/6号にかけて、全51回に分けて連載された小池一夫原作、上村一夫作画による、文明開化の明治時代の日本を舞台にした時代劇漫画を梶芽衣子様(1947-)主演で映画化したもの。
和を知る

『修羅雪姫』Vol.3|梶芽衣子様と『キル・ビル』

中原早苗を襲撃する白無垢姿が、身震いするほどの美しさに満ちています(真夜中にこんな女性と出会ったら、間違いなく走って逃げるほどの幽玄さです)。そしてこのファッションこそが、クエンティン・タランティーノ監督の『キル・ビル Vol.1』のルーシー・リューの白無垢姿へとつながっていくのでした。
和を知る

『修羅雪姫』Vol.2|梶芽衣子様と白い着物

『修羅雪姫』という劇画の主人公を演じる半年前の1973年はじめに梶芽衣子様は、『仁義なき戦い 広島死闘篇』で深作欣二監督の作品にはじめて出演しました。壮絶なる悲劇のヒロインとも言えるこの役柄を演じ上げたことが、〝舞い散る雪の美しさと儚さを体現する白い着物〟を着た凛とした主人公へと繋がっていったのでした。
和を知る

『修羅雪姫』Vol.1|70年代は、ブルース・リーと梶芽衣子様の時代だった。

小池一夫と上村一夫による劇画『修羅雪姫』を原作とした本作が、21世紀に入り、クエンティン・タランティーノ監督の『キル・ビル Vol.1』(2003)として、不死鳥の如く蘇えりました。そして梶芽衣子(1947-)という女優が再評価されることになったのでした。
和を知る

『修羅雪姫 怨み恋歌』 日本の美21(3ページ)

作品名:修羅雪姫 怨み恋歌 (1974) 監督:藤田敏八 衣装:記載なし 出演者:梶芽衣子/原田芳雄/吉行和子/岸田森 フレンチ・シックな着こなしができる梶芽衣子様 1970年代の鬱屈した空気が良いほうに働いていたのが一作...
和を知る

『女囚さそりシリーズ』2|梶芽衣子とトレンチコート

2ページの記事です。 作品データ 作品名:女囚さそりシリーズ Female Prisoner 701: Scorpion (1972-1973) 「女囚701号/さそり」「女囚さそり 第41雑居房」「女囚さそり けもの部屋」「女囚さそ...
和を知る

『女囚さそりシリーズ』1|梶芽衣子とさそりルック

2ページの記事です。 作品データ 作品名:女囚さそりシリーズ Female Prisoner 701: Scorpion (1972-1973) 「女囚701号/さそり」「女囚さそり 第41雑居房」「女囚さそり けもの部屋」「女囚さそ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました