究極のフレグランスガイド!各ブランドの聖典ページ一覧にすすむ

映画

その他

チューラ(キャロライン・コッシー) 『007 ユア・アイズ・オンリー』7(2ページ)

作品名:007 ユア・アイズ・オンリー For Your Eyes Only(1981) 監督:ジョン・グレン 衣装:エリザベス・ウォーラー 出演者:ロジャー・ムーア/キャロル・ブーケ/リン=ホリー・ジョンソン/ジュリアン・グローヴァ...
アンドロギュヌス

オードリー・ヘプバーンのすべて【1954】前編|アカデミー主演女優賞

オードリー・ヘプバーンのすべて【1954】前編(3ページ) All About Audrey Hepburn オードリー・ヘプバーン出演作一覧 1951年 モンテカルロへ行こう 1953年 ローマの休日 195...
その他

ジェーン・ラッセル1 『紳士は金髪がお好き』5 (3ページ)

作品名:紳士は金髪がお好き Gentlemen Prefer Blondes (1953) 監督:ハワード・ホークス 衣装:ウィリアム・トラヴィーラ 出演者:マリリン・モンロー/ジェーン・ラッセル/チャールズ・コバーン/トミー・ヌーナ...
その他

エヴァ・オーリン2 『キャンディ』2(2ページ)

作品データ 作品名:キャンディ Candy (1968) 監督:クリスチャン・マルカン 衣装:ミア・フォンサグリーブス/ビッキー・ティール 出演者:エヴァ・オーリン/リチャード・バートン/マーロン・ブランド/アニタ・パレンバーグ/エ...
アンドロギュヌス

グレタ・ガルボ1 『グランド・ホテル』2(2ページ)

作品データ 作品名:グランド・ホテル Grand Hotel (1932) 監督:エドマンド・グールディング 衣装:エイドリアン 出演者:グレタ・ガルボ/ジョーン・クロフォード グレタ・ガルボとジョーン・クロフォードを創造した男。...
その他

ミッツィ・ゲイナー1 『ショウほど素敵な商売はない』3(4ページ)

作品データ 作品名:ショウほど素敵な商売はない There's No Business Like Show Business (1954) 監督:ウォルター・ラング 衣装:ウィリアム・トラヴィーラ/チャールズ・ルメイアー/マイルズ・ホ...
その他

『地獄に堕ちた勇者ども』Vol.6|ヘルムート・バーガーとナチ式敬礼

ヘルムート・バーガーという俳優は、まさにアンドロギュヌスを体現した俳優でした。男性を美しいと思わせるアラン・ドロンに匹敵する人でした。この人は、ファッション・アイコンではなく、アンドロギュヌス・アイコンなのです。
その他

『地獄に堕ちた勇者ども』Vol.5|ヘルムート・バーガーと女装

この映画のシンデレラ・ボーイの名をヘルムート・バーガーと呼ぶ。彼は当時ヴィスコンティの寵愛を一身に受けていました。20代のうちにしか出来ないことその一。それは才能の豊かな中年男女に寵愛されることです。人生とは年長者から学ぶ数だけ、その成長の度合いは高まるのです。
アンドロギュヌス

『アニー・ホール』Vol.3|ダイアン・キートンとアニー・ホール・ルック

ダイアン・キートンの実名はダイアン・ホール。そして、友人内でのニックネームはアニーです。つまり、アニー・ホールとは、ダイアン自身のことなのです。チャップリンが絶賛した新しい感覚のコメディを牽引したのは、間違いなく独立した女性像を示したダイアン・キートンの存在感でした。
アンドロギュヌス

『アニー・ホール』Vol.2|ダイアン・キートンとパンツルック

実は、スタイリストに問題があるのですが、服を着るということは、「リラックスした着こなし」を提案することが重要なのです。ファッションは、内面を反映します。アニー・ホール・ルックがハイセンスに見えたのは、ダイアン・キートンが普段のスタイリングを披露したからなのです。
アンドロギュヌス

『アニー・ホール』Vol.1|ダイアン・キートンとラルフ・ローレン

ウディ・アレンは、日頃から目にしていたダイアン・キートンのファッションセンスの良さを作品にストレートに反映させることにしました。そうです、アニー・ホールのスタイリングは、全て彼女自身が生み出したものなのでした。
アンドロギュヌス

『魔界転生』|佳那晃子と沢田研二 と千葉真一

4ページの記事です。 作品データ 作品名:魔界転生 (1981) 監督:深作欣二 衣装アドバイス:辻村ジュサブロー 出演者:千葉真一/沢田研二/佳那晃子/真田広之/若山富三郎 幸せな女性より、苦しんでいる女性のほうが美しい 日...
アンドロギュヌス

【ユーリズミックス伝説】2|アニー・レノックスとマリリン・マンソン

3ページの記事です。 ユーリズミックス略歴 1980年 イギリス・ロンドンのレストランのウエイトレスとして働いていたアニー・レノックスが、デイヴ・スチュワートにナンパされ、トゥーリスツというバンドに在籍することになる。やがて共に...
その他

『ベニスに死す』3|ビョルン・アンドレセンとルキノ・ヴィスコンティ

2ページの記事です。 作品データ 作品名:ベニスに死す Death in Venice (1971) 監督:ルキノ・ヴィスコンティ 衣装:ピエロ・トージ 出演者:ダーク・ボガード/ビョルン・アンドレセン/シルヴァーナ・マンガーノ/...
その他

『ベニスに死す』2|ビョルン・アンドレセンとセーラー服

2ページの記事です。 作品データ 作品名:ベニスに死す Death in Venice (1971) 監督:ルキノ・ヴィスコンティ 衣装:ピエロ・トージ 出演者:ダーク・ボガード/ビョルン・アンドレセン/シルヴァーナ・マンガーノ/...
その他

『ベニスに死す』1|ビョルン・アンドレセンとアンドロギュヌス

2ページの記事です。 作品データ 作品名:ベニスに死す Death in Venice (1971) 監督:ルキノ・ヴィスコンティ 衣装:ピエロ・トージ 出演者:ダーク・ボガード/ビョルン・アンドレセン/シルヴァーナ・マンガーノ/...
アンドロギュヌス

『ローマの休日』Vol.1|オードリー・ヘプバーンとマリア・カラス

人類史上『ローマの休日』という作品ほどファッションの本質を捉えた映画はないのではないでしょうか?若く美しいプリンセスが、一日限りの旅行者の生活を楽しむその姿は、21世紀の私たちが見ても、たとえその物語の流れが分かっていても、なぜかワクワクさせられます。
タイトルとURLをコピーしました