クリスティーヌ・ナジェル

ワイルド・ブルーベル・コロン (クリスティーヌ・ナジェル)

    香水名:ワイルド・ブルーベル・コロン Wild Bluebell Cologne オーデ・コロン
    ブランド:ジョー・マローン・ロンドン
    調香師:クリスティーヌ・ナジェル
    発表年:2011年
    対象性別:女性
    価格:30ml/8,640円、100ml/17,280円
    公式ホームページ:ジョー・マローン






    左から。フレグランス・ディレクターのセリーヌ・ルーとクリスティーヌ・ナジェル。


    トップノート:ブルーベル、クローブ
    ミドルノート:パーシモン(柿)、ジャスミン、スズラン、ローズヒップ
    ラストノート:ホワイトムスク、アンバー

    「森の木陰で元気に咲くサファイア色の花。露に濡れたブルーベルの繊細な甘さにスズラン、エグランティン(ローズの一種)がふんだんに混じり、パーシモンが心地よいひねりを加えています。みずみずしいフルーティフローラル。強く惹きつけられる香りです。」(公式サイト)

    クリスティーヌ・ナジェルが2009年から18ヵ月間かけて創造したジョー・マローン・ロンドンの新しい方向性を打ち出した香りです。

    4月から5月にかけて開花するイングリッシュ・ブルーベルに捧げられた香り。ブルーベルは大まかに二つに分類されます。もうひとつはスパニッシュ・ブルーベルであり、花は、華やかな形のベル型で直立しており、繁殖力が強く、香りはほとんどありません。一方、イングリッシュ・ブルーベルは、花が筒状で下垂しています。そして、心地よい強い香りを放ちます。その70%は英国に存在しており、野生のイングリッシュ・ブルーベルは、英国政府によって保護されており、絶滅する可能性があると言われています。

    ブルーベルからは香料が抽出できないため、ジャスミン、エグランティン(強い芳香を放つノバラ)、スズラン、クローブなどの天然香料を調香して作られました。オゾンノートから始まる軽やかなふんわりとした甘くてフルーティーな香り。現エルメスの専属調香師クリスティーヌ・ナジェルによる調香です。ちなみに、売り上げの一部は、イングリッシュ・ブルーベルの保護のために、英国の環境保護団体「ウッドランド・トラスト」に寄付されました。

    MACのクリエイティブ・ディレクターであるジェイムズ・ゲイジャーが2010年よりエスティー・ローダー社のSVP兼グループ・クリエイト・ディレクターに就任したことにより、2011年、本フレグランスより、ジョー・マローン・ロンドンは、広告に初めて女性モデルを登場させることになりました。



    カテゴリー一覧

    女を磨くファッション・アイコン一覧

    2018/19おすすめラグジュアリーバッグ

    売れるブランド販売員の特徴

    カイエ・デ・モード目次

    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。