ボンド・ガール

ダイアナ・リグ1 『女王陛下の007』4(2ページ)

    作品名:女王陛下の007 On Her Majesty’s Secret Service(1969)
    監督:ピーター・ハント
    衣装:マージョリー・コーネリアス
    出演者:ジョージ・レーゼンビー/ダイアナ・リグ/テリー・サバラス/アンジェラ・スコーラー/カトリーヌ・シェル



    女王陛下のボンドガール=ダイアナ・リグ


    007シリーズ史上最高のボンドガールとも言われるトレーシーを演じた女優の名をダイアナ・リグ(1938-)と呼びます。彼女は、1960年代に英国のTVドラマ『おしゃれ(秘)探偵』のエマ・ピール役(その名は、マン・アピールのアナグラム)で、当時のスウィンギング・ロンドンを象徴するファッション・アイコンの一人になりました。そして、ただそれだけの存在にとどまらない彼女のすごい点は、一方では、本格的なシェイクスピア劇の舞台俳優として活躍していた点にあります。

    映画の中で、彼女が最高の存在感を示した『地中海殺人事件』(1982)はさておき、本作における〝ジェームズ・ボンドの唯一の花嫁〟を演じた彼女は、最後にボンドの妻として挙式のその日に、殺されてしまった悲劇のヒロインを今までのボンドガールとはまったく違う存在感で演じ上げました。






    174㎝のスーパーモデル顔負けの八頭身ボディに抜群のファッション・センス、更にシェイクスピア劇を演じる抜群の演技力を兼ね備えた稀有な女優ダイアナ・リグ。彼女は、1938年に英国のサウス・ヨークシャー州ドンカスターで鉄道技師の娘として生まれました。僅か生後2ヵ月後に、父親の転勤により共にインドへ移住し、8歳まで生活しました(ダイアナはヒンディーが話せます)。

    彼女は、ロンドンの王立演劇学校(1955-57)出身で、1959年から64年の間、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーにも参加した本格的なシェイクスピア俳優でした。そんな彼女が、1965年から1968年まで、TVシリーズ『おしゃれ(秘)探偵』でエマ・ピールを演じることになり、一躍英国の大スターになったのでした(しかし、ギャラはカメラマンより安かった)。そして、1969年に本作のボンドガールに選ばれたのです。

    1971年には『アベラールとエロイーズ』でブロードウェイ・デビューしたダイアナは、1994年にロンドンとブロードウェイの舞台で『メディア』を演じ、トニー賞の主演女優賞を獲得しました(同年にデイムの称号を得る。)。1997年には『ヴァージニア・ウルフなんかこわくない』でローレンス・オリヴィエ賞の主演女優賞にノミネートされました。



    ダイアナ・リグは、トレーシーのファッションが大嫌いだった

    チューダー朝風のスパンコールガウン。

    『ハングマン』の山本陽子や、ジュディ・オングが着てそうなイメージ。

    『魅せられて』のジュディ・オング(1979)

    ダイアナが一番嫌がったドレス。

    自殺を止めてくれたジェームズ・ボンド。原作では愛する幼子の死が彼女を自殺へと駆り立てたのだった。

    トレーシー・スタイル1 『魅せられて』ドレス
    • スパンコールガウン、シーグリーンシルクとスパンコールによるチューダースタイル、トランペットスリーブ、ディープ・スイートハート・ネックライン、ボヘミアン・スタイル
    • エメラルド・ブルーのトングサンダル

    私は実際のところボンドガールの衣装が好きじゃなかったの。デザイナーは監督のピーター・ハントの友人なんだけど、古臭い、とても退屈な衣装ばかりだったの。

    ダイアナ・リグ

    ナイフを首元に突きつけられても全く怯まないボンドガール・トレーシー。ボンドに救助されて砂浜に横たわっているときの表情の動きを見ていても、今回のボンドガールは今までのボンドガールとは次元の違う女優であることを容易に伝えてくれます。

    ジェームズ・ボンドが唯一愛した女とも言えるトレーシーという女性を演じるに相応しい、気品と傲慢さとか弱さが奇妙に同居しているのです。この作品の成功の大きな要因のひとつにダイアナ・リグの存在があることは言うまでもありません。



    その仕草の全てが魅力的な女

    ダイアナ・リグという女優の魅力は・・・

    頬杖をついたりする仕草が、ごく自然に決まるところにあります。

    ある種の〝クール・ビューティ〟なのです。

    トレーシー・スタイル2 カジノ・スタイル
    • デコルテ強調のホワイト・カクテル・ドレス、ロングスカート、フロントスリット
    • ガマ口の白クラッチ




    ページ:

    1

    2

    関連記事

    1. オルガ・キュリレンコ1 『007 慰めの報酬』3(2ページ)
    2. アニー・デュプレー1 『薔薇のスタビスキー』1(2ページ)
    3. ジバンシィ最初の3年 第3章 1954年(3ページ)
    4. キャサリン・ヘプバーン2 『フィラデルフィア物語』2(2ページ)…
    5. モリー・リングウォルド1 『プリティ・イン・ピンク/恋人たちの街…
    6. アンナ・カリーナ2 『気狂いピエロ』2
    7. オードリー・ヘプバーン36 『マイ・フェア・レディ』4(2ページ…
    8. エリザベス・テイラー7 『バターフィールド8』2(2ページ)

    このページに関連した記事一覧

    女性目線の男磨き

    PAGE TOP