フランシス・クルジャン

アクア・ユニヴェルサリス (フランシス・クルジャン)

    香水名:アクア・ユニヴェルサリス Aqua Universalis オード・トワレ
    ブランド:メゾン・フランシス・クルジャン
    調香師:フランシス・クルジャン
    発表年:2009年(日本発売は2012年9月)
    対象性別:ユニセックス
    価格:70ml/24,300円、200ml/42,120円
    販売代理店ホームページ:ラトリエ・デ・パルファム



    シングルノート:ベルガモット、アマルフィ・レモン、オレンジ、スズラン、ウッディー・ノーツ、オレンジ・ブロッサム、ムスク

    メゾン・フランシス・クルジャンを代表する「アクア・ユニヴェルサリス」シリーズの記念すべき第一弾として2009年に発売されました。

    フランシス・クルジャンが「素肌と洗いたてのシャツの間にある清潔感」をテーマに創造した香りです。そのアイデアは、17世紀に作られた伝統的なオーデコロンを、現代風なオーデコロンとして蘇らせたいというクルジャンの想いから生まれました。伝統的なオーデコロンは、主にオレンジブロッサムの花、タイムやローズマリーのようなハーブ、オレンジ、レモン、ベルガモットから構成されていました。

    ベルガモットとレモンのシトラスからはじまり、甘いオレンジとスズランに、ムスクが香り全体を包み込んでくれます。メゾン・フランシス・クルジャンを代表するムスキー・フローラル・シトラスの香りであり、一本は持っておくと便利な万能香。「清潔感」とはある種の静謐さであり、日本人にとっては透明感溢れる、精神の波動を安定させる香りとも言えます。

    「宇宙一の水」の名で、このフレグランスを見るよりも、「はじめてのフランシス・クルジャン」という括りの方が、この香りのワクワク感が伝わると思います。ほとんどの人にとって、「あなたが通り過ぎた後に振り返りたくなる香り」です。それは肌に乗る香りではなく、肌の周りで空気のように浮遊している香りなのです。



    カテゴリー一覧

    ファッションアイコン(女優編)

    PAGE TOP